ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

このような課題でお悩みではありませんか?

お客さまのお悩み解決を支援いたします

データ自動抽出基盤 「活文 Intelligent Data Extractor」は、スキャンした書類データに含まれるテキストを解析し、データを自動抽出します。抽出結果をAIが自動学習し、次回以降は学習内容をもとにデータ抽出が行われるため、抽出精度が向上します。
人手で行っていた入力作業やOCRの読取位置定義の作業負荷軽減などシステム登録・確認作業の効率向上を支援します。システムへのデータエントリ業務の作業負荷を大幅に軽減できます。

データの自動抽出

作業者は、スキャンした書類データをフォルダに格納するだけで、システムがテキストデータを自動で抽出します。書類格納と確認作業だけのかんたん運用で人手による仕分けの手間を大幅に軽減します。

フォーマットに依存しない設定

項目名とデータの位置関係を意識し、フォーマットに依存せずに設定することができます。そのため、多種多様なフォーマット書類にも柔軟に対応可能です。

AIにより抽出間違い時の訂正学習

抽出データの内容が誤っていた場合は、作業者がワンクリックで簡単に訂正できます。訂正内容を登録することでAIが正しい情報を学習し、繰り返し学習することで抽出精度が向上していきます。

データ自動抽出基盤 「活文 Intelligent Data Extractor」の概要

データ自動抽出基盤 「活文 Intelligent Data Extractor」は、紙書類などスキャンニングデータ(OCR処理含む)を取り込み、仕分けまで行います。AIによるテキスト分析・データ抽出を実施し、作業負荷を減少します。また、作業員は抽出結果をチェックするだけで、正しい抽出結果をAIが自動学習するため作業効率向上もはかれます。

*
オプション商品が必要となります。

RPAとの連携:総務・調達部門などによる発注処理業務の効率化!

取引先から受領した注文書に記載された注文主、注文日などの情報や明細情報を活文がデータ抽出します。
抽出結果はRPAを活用し、発注システムへ登録します。

RPAと連携し、帳票の読み込みから業務システムへのデータ入力までの広範囲な自動化を実現します。

RPA連携イメージ。活文 Intelligent Data Extractorの範囲は、スキャンした帳票の読み込み、帳票の認識、情報の抽出です。RPA連携で業務システムに登録が可能となります。

*
オプション商品が必要となります。

データ自動抽出基盤 「活文 Intelligent Data Extractor」 導入効果

スキャンした書類データに含まれるテキスト情報を解析し、必要なデータを自動抽出します。解析・抽出する際にAIを採用し、書類のフォーマットの特徴や抽出箇所を学習することで、様々なフォーマットでもデータの抽出が可能となります。人的負荷・コストの大幅低減が可能です!

データ自動抽出基盤 「活文 Intelligent Data Extractor」 資料請求

データ自動抽出基盤 「活文 Intelligent Data Extractor」のカタログなど資料のお問い合わせは下記からお願いします。

データ自動抽出基盤 「活文 Intelligent Data Extractor」 関連情報

詳細情報は、下記のサイトでも確認頂けます。

ビジネスデータ活用ソリューション 活文シリーズ

ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」
企業内に増え続けるコンテンツの属性情報の収集や可視化ができます。
ファイルサーバのリプレースやクラウド移行前に不要なファイルを整理する事により効果的な移行が行えます。
文書管理システム 「活文 Contents Lifecycle Manager」
文書の作成(更新)、閲覧履歴(検索)、廃棄、保管など、ライフサイクル全般を管理でき、効率よい社内文書共有を可能にします。

データ自動抽出基盤 「活文 Intelligent Data Extractor」に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら