ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

ステータス管理システム 『Hi-PerBT SmartKIT』の適用例

さまざまな業務に対応できるステータス管理のWebアプリケーション

日々発生する業務の進捗状況をステータスとして管理し、ステータスごとの対応状況を一元管理することで御社業務の生産性アップ・質の向上を支援致します。

ステータス管理システム 『Hi-PerBT SmartKIT』は、ステータスを切り口として案件の進捗状況や対応内容を一元管理し、「業務のみえる化」を実現する機能をご提供致します。

適用例1 ヘルプデスク(サービスデスク)業務

IT担当部門における社内各署からのIT機器類に関する問合せや修理依頼の管理業務例です。

問題点・要望

  • お問い合わせ件数が多く、各署とのメールや電話でのやりとりが煩雑で回答に時間を要する
  • 総務部門でシステム管理を兼務しており、担当者の負荷が高い
  • 担当者の異動も多く、新任者のレベルによって回答の質が落ちることがある

解決策

  • 一元管理された過去の対応内容を参考にすることで回答時間の短縮
  • 社内各署へのFAQ(よくあるお問い合わせ)公開により、担当者の負荷低減
  • システムに登録されたナレッジの活用により、対応者に依存せず、対応品質の均一化が可能

ヘルプデスク業務での活用
適用イメージ図

適用例2 サポート履歴管理業務

お得意様(取引先)からの納入機器に関する質問対応や故障対応の管理業務例です。

問題点・要望

  • 質問が多く、即対応が不要なものなどは、回答が遅れたり、失念することがある
  • 上長へのエスカレーションや他部署への支援依頼など、依頼先で対応が滞ることがある
  • 納入する機器によって、管理すべき項目が異なるが、現行システムでは管理項目が変更できない

解決策

  • 回答期限設定・メール通知機能により、回答遅延や漏れを未然防止
  • 依頼内容の管理、依頼メールの発信に加え、対応状況(ステータス)の見える化で、業務の停滞を防止
  • 納入機器の種類や管理項目が増えても、システム改修無しで、管理画面より即時に反映

サポート履歴管理業務での活用。
適用イメージ図

適用例3 インシデント管理業務

グループ(関連)会社へ提供している各種システムに関するお問い合わせ・運用代行サービスにおけるプライベートクラウド化の例です。

問題点・要望

  • システムのデータ修正依頼や、バッチ処理実行の日時変更依頼などのサービスを、各種お問い合わせと一緒に管理したい
  • 各社毎に利用するサービスが異なるが、利用しないサービスの画面は参照させたくない
  • ハードウェア等の資産を保有せず、システム基盤の維持は外部に委託したい

解決策

  • 複数サービスの一元管理が可能で、新サービス追加時も自社で設定ができるので、追加コストも不要
  • 利用サービスの選択に加え、各社利用ユーザ毎に、画面参照権限の設定などが可能
  • お客さま専用のプライベートクラウド環境として提供可能

インシデント管理業務での活用。
適用イメージ図

適用例4 苦情(クレーム)管理業務

サービス加入者・見込み客などからの苦情対応におけるコールセンタ連携の例です。

問題点・要望

  • コールセンタで受付した苦情は、苦情取り纏め部署や対応部署から参照できず、二重管理されており、対応が遅れることがある
  • 全部署幹部に苦情の実態を共有したいが、個人情報は開示したくない
  • 定期的に苦情件数などを社内報告したい

解決策

  • 苦情管理システムに自動連携し、以後の対応状況〜対応結果までを一元管理・情報共有することで、対応の迅速化・クオリティを向上
  • 苦情の受付(登録・対応)部門以外は、個人情報をマスクすることでセキュリティ確保
  • 苦情データを期間などで絞り込み、CSV出力できるのでExcelでの報告資料作成が可能

苦情(クレーム)管理業務での活用。
適用イメージ図

適用例5 課題管理(法改正対応)業務

情報システム部門における開発系(法令改正、改善要望)業務や運用系(質問・障害対応、運用依頼)業務の一元管理化の例です。

問題点・要望

  • 法令改正やエンドユーザからの機能改善要望・Q&A対応・運用依頼など、各業務が個別管理で情報が散在しており最新情報の共有が難しい
  • 対応の優先順位が低いものは、埋もれてしまい、対応が漏れる場合がある
  • 短期間かつ低コストでのシステム立ち上げを実現したい

解決策

  • 一つのシステムで複数業務を管理できるので、最新情報の共有や一元管理、操作性の統一が図れ、業務効率向上
  • 優先順位が低いものも、メールによる期限管理で対応漏れを抑止
  • 選べる提供形態(ソフトウェア/クラウド型(Saas))で早く・安く、システム立ち上げ実現

課題管理(法改正対応)業務での活用。
適用イメージ図

適用例6 課題管理(食品監査・事件事故対応)業務

食品スーパー店舗における食品監査での指摘事項や駐車場での事故など各種課題管理業務の例です。

問題点・要望

  • 店舗での管理業務は、食品監査での指摘や駐車場での事故・商品の万引きなど多岐に渡るが、Excel管理のため他店舗との共有ができず、他店舗でも同様の課題が発生
  • お客さまサービス向上のための情報管理は積極的に導入したいが、コストは掛けたくない

解決策

  • 苦情以外の各種管理業務もまとめて管理し、各店舗から監査指摘の参照や、過去の対応ノウハウを共有・活用し、同類課題の発生リスクを低減
  • 遺失物の管理や従業員の改善(アイデア)提案など、自社で追加管理できるため、コストを抑えることが可能

課題管理(食品監査・事件事故対応)業務での活用。
適用イメージ図

ステータス管理システム 『Hi-PerBT SmartKIT』導入事例

ステータス管理の中で主に導入されているのはお客さまの声管理システムです。

お客さまの声管理システム『Hi-PerBT SmartKIT』は、お客さまからのお問い合わせ、ご意見、ご要望などの「お客さまの声」への対応状況を管理するためのWebアプリケーションです。お客さまの声の内容、進捗状況(ステータス)、対応履歴を複数の部門・拠点間で共有できます。

『Hi-PerBT SmartKIT』適用例

『Hi-PerBT SmartKIT』適用例
日々発生する業務の進捗状況をステータスとして管理し、ステータスごとの対応状況を一元管理することで御社業務の生産性アップ・質の向上を支援致します。

ステータス管理システム 『Hi-PerBT SmartKIT』資料ダウンロード

ステータス管理システム 『Hi-PerBT SmartKIT』リーフレット画像

ステータス管理システム 『Hi-PerBT SmartKIT』 リーフレット(PDF形式、495kバイト)
個の情報が「みえる化」されて組織のノウハウとして活用できます。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe®Reader®が必要です。

ステータス管理システム 『Hi-PerBT SmartKIT』関連情報

お客さまの声管理システム 『Hi-PerBT SmartKIT』
お客さまの声管理システム『Hi-PerBT SmartKIT』は、お客さまからのお問い合わせ、ご意見、ご要望などの「お客さまの声」への対応状況を管理するためのWebアプリケーションです。
お客さまの声の内容、進捗状況(ステータス)、対応履歴を複数の部門・拠点間で共有できます。
工事工程管理システム 『Hi-PerBT SmartKIT』
工事工程管理システム『Hi-PerBT SmartKIT』は、お客さまからの工事依頼から完了報告までの工事の進捗状況を管理するためのWebアプリケーションです。工事内容、進捗状況(ステータス)、作業履歴を複数の部門間や委託工事業者と共有できます。

ステータス管理システム 『Hi-PerBT SmartKIT』に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら