ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

『Area Power 金融機関向け地図情報システム』。地域と顧客のビジュアル化をサポート。

マーケティングをもっと易しく・機能的に。渉外活動をもっと効率的に。

お客さまの「こうしたい!」にお応えします!

  • 各種データを一元化し、分析方法をテンプレート化したい
  • 定型フォーマットでの統計結果を簡単に出力したい
  • 顧客情報など各種データを活用し、営業活動を効率化したい

『Area Power 金融機関向け地図情報システム』の概要

『Area Power 金融機関向け地図情報システム』は、顧客情報、外部企業情報、およびエリア別統計情報を地図上にリンクし、さまざまな形でビジュアル表示するシステムです。営業活動に関わる情報を視覚的・統計的に把握できるため、地域の特性や顧客の属性を地図上に可視化させて(情報可視化)、営業活動の効率化や地域戦略の立案を支援します。

分析方法のテンプレート化
統計データや銀行顧客データなど、各種データを一元化し、各分析結果の照らし合わせをします。そのため、見落としていた可能性のあるエリア特性を具体的に知ることができます。
データ加工・分析結果を帳票化
報告書作成など数日要していたものが、店番や日付等の一部条件を入力するだけで、定型フォーマットでの統計結果出力が可能です。
渉外活動マップ(住宅地図利用)
担当顧客やキャンペーン・期日管理などのテーマ別に顧客を抽出し、地図上に表示し、顧客情報を確認できます。さらに、訪問予定の登録や交渉経緯の登録も可能です。

『Area Power 金融機関向け地図情報システム』の説明

お客さまの課題 導入後の効果
  • 気づきにくいエリア特性を把握したい
  • データ加工や分析結果を帳票化したい
  • 顧客との接触回数が少ない
  • 各種データ分析でエリア構造を把握
  • 定型フォーマットで統計結果出力
  • 渉外活動マップを利用し、営業活動を効率化

お客さまの課題

  • 気づきにくいエリア特性を把握したい
  • データ加工や分析結果を帳票化したい
  • 顧客との接触回数が少ない

導入後の効果

  • 各種データ分析でエリア構造を把握
  • 定型フォーマットで統計結果出力
  • 渉外活動マップを利用し、営業活動を効率化

『Area Power 金融機関向け地図情報システム』の特長

エリア分析による、出店計画・店舗統廃合の立案や、営業店管理の効率化を支援します。また、営業活動マップや、医療開業支援情報の出力などを利用し、営業活動の効率化や、リレーションシップバンキングの強化を支援します。

エリアマーケティング支援

  • 簡単な操作で統計データ、顧客データを組合せ、効率の良いレポート作成を実現します。
  • 地域を選択するだけで、人口、世帯数、事業所数などの統計データを抽出し、自動的に帳票・地図レポートを出力します。

営業店向け渉外活動支援

  • 訪問予定顧客、周辺見込み顧客のマッピングによる営業活動を効率化します。
  • 統計データから開業支援情報を帳票化できます。マッピングによるリレーションシップバンキングの強化を支援します。

『Area Power 金融機関向け地図情報システム』資料ダウンロード

『Area Power 金融機関向け地図情報システム』リーフレット画像

『Area Power 金融機関向け地図情報システム』リーフレット(PDF形式、520kバイト)
顧客情報、外部企業情報、およびエリア別統計情報を地図上にリンクし、さまざまな形でビジュアル表示するシステムです。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe®Reader®が必要です。

『Area Power 金融機関向け地図情報システム』に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら