ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

事務リスク管理ソリューション統合監査支援システム『監明AI(Audit Integrate)』。リスクアセスメントによる監査資源の効率的活用を実現。

金融庁モニタリングに対応した、リスクベース監査を含む内部監査業務を支援。リスクアセスメントから、監査計画、準備、実施、評定、結果分析までを統合的にサポート。

お客さまの「こうしたい!」にお応えします!

  • 内部監査態勢の強化を図りたい。
  • リスクアセスメントによる監査資源の効率的活用を図りたい(リスクベース監査)。
  • 監査計画から、監査準備、監査実施、監査分析統計までを統合的に管理したい。
  • 営業店・支店評定からフォローアップまでのPDCAの円滑化を図りたい。
  • 適時、リスク発生状況をオフサイトモニタリングしたい。

統合監査支援システム『監明AI(Audit Integrate)』の
概要

統合監査支援システム『監明AI(Audit Integrate)』の支援部門である監査部署では、従来の内部事務検査の観点から、内部統制の監査へとそのミッションも変化しています。本製品は、その監査業務を統合的に支援すべく、リスクアセスメントの作成・分析から、監査年間計画、個別監査計画、監査実施・報告および監査結果分析までの一連の流れをシステム的にサポートします。

事務品質向上へ向けた課題:検査から監査への監査業務の変化

監査業務 従来 現在
内部監査計画 年度単位で全部店監査
計画優先でリソース配分
リスク分析で優先部店監査
リスク優先のリソース配分
個別監査方針 監査マニュアルを網羅的に取込
画一的な計画
リスク分析で優先項目監査
深度・頻度のある計画
往査 検査中心の指摘数で評価
現物検査中心
プロセス監査の指摘内容で評価
規程、手順等の検証中心
評定 全店評価から管理状況判定
事務水準の向上
リスクの指摘から管理状況判定
リスク管理水準の向上

ITによる支援 統合監査支援システム

お客さまの課題 導入後の効果
  • 内部監査手法の高度化
  • 経営提言機能の強化
  • 人材育成・専門性の向上
  • リスクアセスメントに基づいた監査計画実施
  • 監査結果分析統計結果の活用
  • 各種テンプレート利用による属人性排除

お客さまの課題

  • 内部監査手法の高度化
  • 経営提言機能の強化
  • 人材育成・専門性の向上

導入後の効果

  • リスクアセスメントに基づいた監査計画実施
  • 監査結果分析統計結果の活用
  • 各種テンプレート利用による属人性排除

統合監査支援システム『監明AI(Audit Integrate)』導入事例

統合監査支援システム『監明AI(Audit Integrate)』の導入実績(構築中含む)となっております。 (2014年4月時点)

  • 統合監査支援:3ユーザ

事務リスク管理ソリューションのコンポーネント別の導入実績(構築中含む)もご紹介しています。

統合監査支援システム『監明AI(Audit Integrate)』資料ダウンロード

統合監査支援システム『監明AI(Audit Integrate)』リーフレット画像

統合監査支援システム『監明AI(Audit Integrate)』リーフレット(PDF形式、655kバイト)
監査業務を、リスクアセスメントの作成・分析から、監査年間計画、個別監査計画、監査実施・報告、および監査結果分析までの一連の流れを統合的にサポートします。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe®Reader®が必要です。

事務リスク管理ソリューションシリーズ

事務リスク管理ソリューション『事務リスク管理システム』

『事務リスク管理システム』
金融機関を取り巻く環境と制度対応につきましては、オペレーションリスク(オペリスク)関連の制度や規制が、グローバル化と共に当局がより一層の強化の方向と認識しております。『事務リスク管理システム』は、事務リスク管理の堅確化と事務品質向上および業務プロセスの改善を支援する事務リスク管理ソリューションです。

統合監査支援システム『監明AI(Audit Integrate)』に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら