ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

信用リスクの軽量化・適正化検証をご支援するシステムです。

『貸倒実績率計算システム』 特長

信用リスクの軽量化・適正化検証をご支援するシステム

景気低迷が続いている現在、金融機関におかれましては、金融機関経営そのものにも影響がある信用リスク(債務者が債権を履行できなくなるリスク)管理について、日頃より強化・見直し・改善をご検討されているのではないでしょうか。

信用リスク管理でお困りではありませんか?

また信用リスク管理の実務面においても「貸倒実績率」や「貸倒引当金」の把握、各種帳票の作成と、さまざまな管理が求められ、その作業にかかるパワーもかなり大きなものになっていることと思われます。

今回ご紹介する『貸倒実績率計算システム』は、貸倒実績率に関する機能に特化したシステムで、次のような“お悩み”を解決する“お勧め商品”です。
ぜひ、この機会に『貸倒実績率計算システム』の“優れた点”をご確認いただき、信用リスク管理(貸倒管理)の効率化を図られてはいかがでしょうか?

こんなことで、お悩みではありませんか?

信用リスクは、ドンブリ勘定せずに管理することを求められている!

償却・引当金の総額が信用リスクに見合った水準になっているかを重視する必要がある!

これらを、検証するために・・・

お悩み1


貸倒実績率を簡単に把握したい

お悩み2


保証債務引当金を簡単に把握したい

お悩み3


債務者区分ごと、商品属性ごとの保証残高を簡単に管理したい

こういうとき、お役にたてるのが!

お悩みの解決は『貸倒実績率計算システム』で!

『貸倒実績率計算システム』 ご利用のポイント

各種システムと連携します

『貸倒実績率システム』は、ホストシステム、信用格付・自己査定システム、保証業務システム等と連携し、債務者区分やそれに伴う債権の資産分類額を時系列に蓄積します。
その蓄積されたデータから、該当期の債務者区分別の貸倒実績率の算出や商品属性別の保証残高を把握することができます。

また、『貸倒実績率システム』では、各種帳票をEXCELで作成する機能もあり、お客さまにとって、とても使い勝手がよいシステムです。

ポイント1


お客さまで付与された債務者区分をご利用できます!

ポイント2


Access、EXCELで作成されています。
ポタン操作だけで簡単に帳票出力ができます!

ポイント3


データはデータベースに蓄積します。
蓄積データの保全性が確保できます!

『貸倒実績率計算システム』で効率UP!

『貸倒実績率計算システム』 機能概要

サポート機能 一覧

『貸倒実績率計算システム』は、各種帳票印刷など、お客さまにお役にたてる機能を取り揃えています。ぜひ、この機会に、お客さまの目でご確認下さい。

  1. 基準値 設定機能
  2. 保証データ 読込み機能
  3. 分類データ 読込み機能
  4. 債務者区分・分類推移マスタ 参照機能
  5. 貸倒実績率計算用データ 読込み機能 (サーバからPCへ読込みます。)
  6. 貸倒実績率 計算機能
  7. 貸倒実績率 データ 照会機能 (過去の実績率データも照会できます。)
  8. 結果印刷機能
    1. 実績率計算(表紙)
    2. 実績率計算(分子明細)
    3. 実績率計算(分母明細)
    4. 貸倒引当金明細
    5. 貸倒引当金明細(表紙)
    6. 債務者区分別集計表

『貸倒実績率計算システム』 画面・帳票イメージ

『貸倒実績率計算システム』は、ボタン操作だけで簡単にご利用できます。
計算結果はEXCELに出力することができます。


基本メニュー画面
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)


債務者区分・分類推移データ照会画面
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)


実績率データ参照画面
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

『貸倒実績率計算システム』 システム構成イメージ

システム構成の詳細は、お気軽にお問い合わせください。


システム構成イメージ
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

『貸倒実績率計算システム』 動作環境

今、お使いのパソコン環境をご確認下さい。
動作環境の詳細は、お気軽にお問い合わせください。

<サーバ環境>
OS Microsoft Windows Server 2008
データベース Oracle Database 9i /10g/ 11g
<クライアント環境>
OS Microsoft Windows Vista
データベース Microsoft Office Access 2007
EXCEL Microsoft Office Excel 2007

『貸倒実績率計算システム』に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら