ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

金融機関向け業務パッケージ『自動振替システム(信金、信組版)』

中小金融機関向けの自振データ受付から資金決済までを総合的にサポート。オプション業務として「学費管理システム」もご用意。

『自動振替システム(信金、信組版)』の
概要


概要図
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

システム 概要
自動口座振替システム
  • 全銀/個社等の判断事務の自動化
  • 委託者からの受付返却の進捗管理
  • ホストインターフェースに合せたデータ変換
  • 全銀/個社の還元帳票の作成
学費管理システム
  • 諸会費/生徒情報マスタ管理
  • 学費振替/返戻金データの作成
  • 進級/進学処理の一括実行
資金決済システム
  • 口座振替資金の委託者への入金
  • 口座振替手数料の徴求
元請システム
  • 他行振替データの振分/送受信管理
  • 還元帳票の作成

『自動振替システム(信金、信組版)』の
導入メリット

事務の厳正化

  • 期日管理機能により、委託者ごとの受付/返却の予実績状況がリアルタイムに把握でき、媒体の受付漏れや送付漏れを防止できます。
  • 受付から返却までの一連の自振業務を一箇所で一元管理することで、自振業務処理全体の厳正化を実現します。

事務の効率化

  • 伝送、CMT、FD、MOの各種媒体及び、各種フォーマット(全銀・国税・各種個別)、個別帳票印刷等にも対応しており、勘定系システム側の処理をスリム化し、運用コストの低減を図れます。
  • 資金決済処理では決済取引を特殊リエンタで行うので伝票を廃止でき、事務処理時間を大幅に短縮できます。また、決済日まで自振資金を別段預金に保存可能なため、資金の有効活用が可能になります。
  • 学校関連では新年度の業務繁忙時対応として媒体からの新入生一括登録が可能です。また、新年度用マスタを別に作成するため、新年度の準備作業を学校単位、学年単位に事前作業として行うことができ、事務の平準化を図れます。

『自動振替システム(信金、信組版)』の
機能概要

自動口座振替システム・資金決済システム

機能 概要
期日管理機能 委託者ごとに受付、送信、返却のスケジュール管理
振替依頼データ受付機能 媒体(伝送/CMT/FD/MO)から口座振替データ受付とデータ内容チェック、口座振替依頼書による請求データ内容エントリと自振データ作成、事前登録先(定額/変額先)の金額エントリと自振データ作成
振替データ送受信機能 対共同事務センターの振替/不能データの送受信、対企業への口座振替データ受信
振替結果返却機能 媒体への振替結果書込、委託先への収納報告帳票(口座振替結果明細表/集計表)作成
各種帳票出力機能 口座振替依頼書、各種マスタ一覧表などの帳票作成
各種マスタメンテナンス機能 委託者マスタ、事前登録先マスタ等のマスタメンテナンス
資金決済情報作成機能 勘定系システムの自振集計日報から企業ごとの決済条件に合わせ、手数料、決済日等を算出
当日決済リエンタ作成機能 事前作成している決済情報から当日決済分のみ抽出し、勘定系取引のリエンタFDを作成

学費管理システム

機能 概要
期日管理機能 学校ごとに当月振替データ作成〜振替結果更新(再振が有る場合は再振替結果更新までの予実績を管理)、画面や管理一覧表で照会が随時可能
自振データ作成機能 生徒情報(兄弟の有無等)や各種マスタ(学年/学級と費目設定)から振替金額を自動計算して自振データを作成、再振データも初期結果データから自動作成、他行宛データが有る場合は金融機関別に自振データを作成
各種帳票出力機能 予定明細表、結果明細表、生徒名簿、費目別引落結果明細表等の帳票作成
各種マスタメンテナンス機能 学校、学年、学級、費目、生徒マスタ等のマスタメンテナンス
年次処理機能 学校ごとに新年度用マスタを保有して新学年への学年繰上処理や新入生一括登録が可能、クラス替対象明細表や一括登録用のテキストファイル作成機能も保有、通常のマスタメンテナンスと同様に画面からの個別メンテナンスも可能

『自動振替システム(信金、信組版)』の
付随作業概要

  • ハードウェアの搬入/設置や、ソフトウェアのインストール/環境設定作業を行います。
  • お客さまの運用部門へのシステム運用引継ぎ作業や、業務担当者へのシステム操作説明等の研修作業を行います。
  • 電話回線(ISDN回線)を経由してお客さまパソコンと弊社パソコンをリモート接続し、遠隔保守を行います。

『自動振替システム(信金、信組版)』の
推奨機器構成

画像 推奨機器構成

伝送サーバ
全銀一次局、二次局、企業・共同センタなどへ
自振サーバ
プリンタ
自振クライアント(運用端末)
CMT、FD、処理量に応じて増設可能

関連情報

『自動振替システム(信金、信組版)』導入実績

パッケージ導入実績としては、以下の通りです。(2014年5月現在)

  • 信用金庫 22金庫
  • その他 5金融機関

導入事例

『自動振替システム(信金、信組版)』資料ダウンロード

『Hi-Per BT 自動口座振替システム』リーフレット画像

『Hi-Per BT 自動口座振替システム』リーフレット(PDF形式、255kバイト)
各種媒体、各種フォーマットの自振依頼データ、及び事前登録先(マスタ管理先)を一元的に取扱い可能とします。 受付データは期日管理機能、受付チェック機能によりエラーデータの早期対応を可能とします。勘定系システムからの自振結果を元に、委託者への返却データを作成します。

『Hi-Per BT 学費管理システム』リーフレット画像

『Hi-Per BT 学費管理システム』リーフレット(PDF形式、321kバイト)
学校・学年・クラス単位に設定された各費目金額を元にし、生徒単位の振替データを自動作成します。新年度における業務繁忙時対応として、学校側での新入生情報登録と、学年繰越機能の年次処理サポートにより事務の平準化を図ります。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe®Reader®が必要です。

『自動振替システム(信金、信組版)』に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら