ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

『LinkProof』は、ISP接続を二重化するマルチホーミングを実現します。ネットワークの近接性を評価しながらダイナミックな負荷分散が可能です。

基本構成

  • LinkProofの経路誘導は、ルーティングプロトコルを利用しない。
  • 既存ネットワークの大規模な変更作業は不必要。
  • BGPのようなISP側との調整も不必要。
  • 回線は専用線、ADSLなど混在可。
  • 回線は、バックアップのみでなく全てアクティブに。
  • ダイナミックに負荷分散しながら利用可能。
    →冗長化と同時に帯域拡張と速度向上。

詳細

近接性使用時10回線/非使用時32回線までの負荷分散可能

近接性未使用時の、ダイナミックな負荷分散アルゴリズム

  • Cyclic /LeastClient /LeastTraffic(pps) /LeastTraffic(Bps) /Customize/Hash

冗長構成

  • Active-Backup構成による自身の冗長化が可能。
  • LAN経由による相互監視とセッション情報のコピー
  • VRRPにも対応

WAN回線負荷分散装置 『LinkProof』に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら