ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

『FutureStage SaaS型 百貨店向け基幹システム』。 消化仕入・外商等の百貨店業界特有業務に対応。

業務ノウハウ・導入実績により、最適な運用でメリットの最大化を実現するクラウドサービス。

お客さまの「こうしたい!」にお応えします!

  • リアルタイム性を持たせた業務提供による的確なMD戦略の策定
  • 業界や社会情勢の最新動向を追従しつつ、投資コストを最小化できるシステム形態
  • 機能追加が容易な、柔軟性・保守性のあるシステム構築

ニュース:日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション『FutureStage』ラインナップ強化

日立グループの製造・流通業向け基幹業務ソリューション『FutureStage』の新たなラインナップとして『FutureStage SaaS型 百貨店向け基幹システム』の販売を開始いたします。

『FutureStage SaaS型 百貨店向け基幹システム』の
概要

『FutureStage SaaS型 百貨店向け基幹システム』は、日立ソリューションズ西日本が長年蓄積した百貨店の業務ノウハウ、導入実績をベースに開発を行ったものであり、百貨店業界特有の消化仕入や外商等の特殊業務に対応しています。
また、単品管理からグループ管理まで多様な商品体系にも適応可能です。他社POSベンダーとも連携実績があり、売上・仕入データを独自に開発した処理方式により、即時の売上・在庫在高の把握が可能となっています。

さらに、日立グループが提供するデータセンタを利用することにより、安定した運用が可能です。
お客さまはクラウドサービスを利用することにより運用作業の省力化、IT投資の削減および経費の平準化が可能となります。

景気回復の遅れ地域間経済格差拡大、大型SCなど異業種との競合激化、経済構造など効率化経営への改善遅れ、売れ筋商品調達時の取引先からの逆選別、拡大する大都市圏の求心力などの世情の中で、業務面・システム面での課題を解決するために、現実に即した運用でメリットの最大化を図るシステムをクラウドサービスでご提供します。

お客さまの課題 導入後の効果
  • 利益追求型経営へのシフト
  • 顧客基盤・サービスの強化
  • システム投資コストの最小化
  • 利益速報など「使える情報」への加工
  • 友の会、ギフト、ポイントシステムとの連携
  • 業務ノウハウ・豊富な導入実績を活用

『FutureStage SaaS型 百貨店向け基幹システム』の
特長

使い勝手の良いシステムを短期間で導入、「使える情報」への素早い加工。

売上・検品・棚卸などの業務情報(トランザクションデータ)をディレードオンライン方式にて処理します。
目的とするデータベースを素早く更新することで、高鮮度、タイムリーな情報を日々の業務に活用できます。

*
ディレードオンライン方式:オンライントランザクション処理のうち、トランザクションをある程度蓄えてから、または一定時間ごとに、処理を行う方式。処理のタイミングを調整することで、CPUの処理負荷を調整し、システムの運用性の向上を図ることが可能。

鮮度の高い情報をタイムリーに提供可能なデータ基盤を構築することにより、タイムリーに在庫情報を確認できるため、売場にて正確な情報が確認でき、販売ロスを低減します。売上速報のみならず、利益速報も確認することが可能です。売上至上から利益追求型経営へのシフトを支援します。また、当日の売上・利益を確認できる為、翌日以降のアクションプラン(指示、伝達など)を的確に実施できます。

『FutureStage SaaS型 百貨店向け基幹システム』の
機能一覧


システム概要図

基本機能

機能名 概要
ジャーナルサーバ ジャーナル管理
POS業務サーバ 電文制御、欠落・再送、取引ログ作成
POSセンタサーバ 自クレI/F、他クレチェック、未決管理
基幹システム 商品計算、買掛管理、販売管理、売掛管理、在庫管理、発注管理、棚卸決算、仕入管理

オプション機能

機能名 概要
ギフトシステム 受注管理、配送管理
ポイントシステム 会員管理、ポイント管理、発券機管理
DWHシステム 顧客分析、DM管理、商品分析、営業実績
友の会システム 友の会

『FutureStage SaaS型 百貨店向け基幹システム』の
導入事例/価格

導入事例

導入事例に関してはお問い合わせ願います。

価格

初期費用、サービスご提供価格に関してはお問い合わせ願います。

『FutureStage SaaS型 百貨店向け基幹システム』お問い合わせはこちら

『FutureStage SaaS型 百貨店向け基幹システム』の
よくあるご質問(FAQ)

Q1.ディレードオンライン方式での処理手順は?

日中処理イメージ

トランザクションデータの処理単位は?
売上などで、1取引に同一商品を複数明細に分かれて入力することがありえるため明細単位としています。
データ保証(整合性保証)は?
明細単位と伝票単位では税額などが変わる可能性があるため伝票単位での保証としています。

Q2.POS業務サーバとPOSセンタサーバとの違いは?

POS業務サーバは、POSとの接続窓口となるサーバです。POSメーカの違いをここで吸収することで各種(複数メーカ)POSとの接続を実現しています。
POSセンタサーバは、主にクレジットやポイントの確認先振分け、チェック、管理を行うサーバです。

『FutureStage SaaS型 百貨店向け基幹システム』資料ダウンロード

『FutureStage SaaS型 百貨店向け基幹システム』リーフレット画像

『FutureStage SaaS型 百貨店向け基幹システム』 リーフレット(PDF形式、286kバイト)
長年蓄積した百貨店の業務ノウハウ、導入実績をベースに開発を行ったものであり、百貨店業界特有の消化仕入や外商等の特殊業務に対応しています。
*
PDFをうまく表示出来ない場合は、リンクの文字にマウスを合わせ右クリックで「対象をファイルに保存」を選んでください。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe®Reader®が必要です。

『FutureStage SaaS型 百貨店向け基幹システム』 関連情報

『FutureStage』 シリーズ

日立グループ 『FutureStage』

『FutureStage』は、株式会社日立製作所、株式会社日立ソリューションズ、株式会社日立システムズ、日立ソリューションズ西日本の4社が開発・販売してきた中堅・中小規模企業向けの基幹業務パッケージを統合し、業種・業務別に体系化して2013年4月より販売している製造・流通業向け基幹業務ソリューションの統一ブランドです。

日立グループ 各社の『FutureStage』

『FutureStage SaaS型 百貨店向け基幹システム』に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、
お問い合わせ、資料請求は
右ボタンよりご連絡ください。