ページの本文へ

株式会社日立ソリューションズ西日本

Hitachi

ハードディスクレスで本体内への情報蓄積を防止。万一PCの紛失や盗難が発生しても、大切な情報の漏えいを防ぎます。

概要

その大切な情報、安全に守られていますか。


依然として、後を絶たない「個人データ」や「企業データ」などの情報漏えい。社内情報管理者は「社外で持ち歩いているパソコン」や「社内にあるパソコン」からの万一の情報漏えいに備え、さまざまなセキュリティ対策を考えなければならず、日々苦慮しています。

そこで、パソコン本体からデータが入っているディスク装置をなくし、データの保管をできなくするとともに(データはサーバで保管します。) データ持出しなどを抑止できるパソコン、それが「セキュリティPC(SPC)」です。

さらに、認証媒体を使ったサーバアクセス時の本人確認もでき、社内セキュリティのさらなる強化も図ることができます。みなさまの大切な情報を安全に守る「セキュリティPC(SPC)」を、ぜひご検討下さい。

特長

パソコンにはディスク装置はありません!
パソコン本体内部にデータを保存できません。(ホストPC またはサーバにデータを保存)
インタフェース/カードスロットを抑制します!
メモリーカードやUSB接続メモリー経由でパソコン本体外部へデータを持ち出せません。
本人認証デバイス「KeyMobile」を利用します!
「KeyMobile」を接続してパスワード入力をしないと、本体電源を入れてもシステムは立ち上がりません。また、通常のICカードと同様に、パスワード入力を数回間違えると、使えなくなるように設定されています。

導入例

  • モバイルPCの盗難や紛失による情報漏えいのリスクを低減。
  • オフィス外でも自席PCの環境をそのまま利用可能。
  • 少人数での導入・お試し導入にも最適。

セキュアクライアントソリューション

ハードディスクに保存してある重要な情報が漏えいする危険に対し、クライアント側に情報を一切置かなくすることで、情報漏えい問題の抜本的な解決を図ったのが「セキュアクライアントソリューション」です。
『セキュリティPC』は「セキュアクライアントソリューション」を実現するための構成機器の一部です。

お問い合わせ

株式会社 日立ソリューションズ西日本 九州システム事業本部
拠点:福岡、北九州、熊本、鹿児島

お問い合わせは、下記リンクからお願いいたします。