ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

この事例の商品を見る

導入の目的

事務の厳正化

  • 手形現物の仕分け作業等、手作業部分を自動化
  • ホストにて管理していた期日管理データを移行し、パソコンにて管理(ホストデータとのチェックも実施)

ホスト連携

  • ファイル伝送により勘定系ホストとの連携

セキュリティ強化

  • ユーザID/パスワード認証機能を追加(システム起動時に、ユーザID/パスワード入力機能を搭載)
  • オペレーションログ取得機能を追加

システム概要

画像 システム概要図

導入効果

手形特有の判断事務の軽減

  • 手形特有の手作業による判断事務の自動化により、当所・他所判定、本支店・他行との資金決済データ作成、仕向先判定等の作業が削減された。
  • 送付書と手形現物の手作業による整合性チェックを自動化することにより、加算機による現物データの確認作業が不要になった。

各種伝票類の自動出力による手作業事務の軽減

  • 伝票起票の自動化により、手作業による起票ミスの防止と合理化を実現した。

セキュリティの強化

  • ユーザID/パスワード情報の登録管理を行い、ユーザ権限を保有することにより、管理者以外は直接マスタの参照/更新を許可しないように制限することでセキュリティが強化された。
  • 処理履歴管理を行い、誰がどの業務を実行したか、各種処理ログを保存することで履歴の管理が可能となった。

この事例の商品を見る

『手形交換システム・手形集中管理システム』に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら