ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

設計BOMと製造BOM(SAP)の統合管理でBOMの見える化とタイムラグを解消!
拠点間でのスムーズな業務展開が可能に。

日本電産サーボ株式会社様ご紹介

1949年に株式会社桐生英工舎としてスタートされて70年。世界最大級の精密小型モーターメーカーの日本電産グループの一員として、全世界に様々なモーターを提供しています。PCなどに搭載されている冷却ファンから、複合機の紙送りなど精度とパワーが必要なステッピングモーターまで、お客様のニーズを元に日本電産サーボ様ならではの技術ノウハウを活かして生まれたものばかりです。これからも、独自技術に磨きをかけながら、高度なサービス・技術・品質をお客様に供給していきます。

お客さま プロフィール

創立 1949年4月
資本金 25億4,775万円
本社所在地 〒376-0011 群馬県桐生市相生町3-93
業種 精密小型モーターの開発・製造・販売
URL

2020年10月現在

日本電産サーボ株式会社様の写真

導入の目的

基幹システムのSAPと連携した新しいBOM環境の構築。


左から: 日本電産サーボ株式会社
 開発管理部 満田 博之 様
 開発管理部 仲田 崇志 様
 経営企画部 山田 高弘 様
 開発管理部 道井 隆 様

用途や使用箇所に応じて様々な精密小型モーター製品を提供されている日本電産サーボ様。求められる条件下で最適な製品を提供するため、設計及び製造部門に力を入れています。
日本電産サーボ様の持つ高い技術力を活かすためには、BOM管理は非常に重要で、早くからPDMシステムでのCADデータと設計BOM管理、設計BOM情報を閲覧するBOM検索・閲覧システム、図面管理システムを利用されていました。
その後、全社の基幹システムとしてSAPを導入されました。製造においてはSAP上で製造BOMの管理を行い、原価情報や工場情報、発注管理なども行うようになり、製造管理が効率化されています。
ところが、SAPの製造BOMと既存の設計BOMは独立した存在で、双方を直接比較することはできませんでした。既存の設計BOMだけでなくSAPの製造BOMを取り込み、比較できる新しいBOM検索・閲覧システムを望まれていました。

そこで、日立ソリューションズ西日本では、既存のBOM検索・閲覧システムをHi-PerBT Advanced BOMにリプレイスし、SAPの製造BOMと連携させることをご提案しました。

導入の決め手

SAPとの豊富な連携ノウハウと閲覧無制限ライセンスが決め手に。

SAPと連携するためには、SAPの特徴を理解しておかなければなりません。
日立ソリューションズ西日本では、Hi-PerBT Advanced BOMにおいてSAPと連携させる事例を数多く持っており、高い親和性を実現してきました。さらにBOMシステム自体の構築にも多くのノウハウを有し、既存図面管理システム連携や拠点間の製造BOM比較など日本電産サーボ様が望まれている機能の追加に対しても、柔軟に対応することができました。
もう一つのポイントがBOM閲覧に必要なライセンスの問題です。既存のPDMシステムは閲覧するための高価なライセンスが必要であったため、設計部門などの限られた人しかアクセスできませんでした。一方製造BOMを管理するSAPも同様に高価なライセンスが必要で、BOMを閲覧したいユーザー分すべてのライセンスを用意することはできませんでした。
ところが、両者から設計・製造のBOMデータを取り込み管理するHi-PerBT Advanced BOMは閲覧に関するライセンスは無制限です。


システム概要図

これによりライセンスによる制約から解放され、国内だけでなく海外のユーザーも含めて、BOM閲覧が可能となり、PDMシステムやSAPに対して余分なライセンスを購入する必要はなく、コスト面でも大きく貢献出来ることが判りました。
このような経緯から、BOMのシステム構築において豊富な経験を持つ日立ソリューションズ西日本のHi-PerBT Advanced BOMの導入を決めました。

導入の効果

設計・製造BOM連携により、時間短縮、工数低減、利便性向上を実現!

既存システムでは設計BOMと製造BOMを別々に開いて見比べるため、BOM比較に時間と工数が掛かっていましたが、新システムではこれらを1画面上で検索し比較できるようになり、時間短縮と工数低減を実現しました。また、設計者が製品に対して拠点間の構成比較や原価比較を行うなど、新たな利用の仕方が可能となり利便性も大幅に向上しました。
また、PDMシステムから生成される設計BOMは、既存システムの性能上、更新のタイミングが1日2回が限界でした。そのために最新の設計BOMを見たいときには、データが更新されるまで待たなければならず、大きなタイムロスになっていました。この際、別の作業を先に進めてしまうと、正しい情報を得ずに作業することになり、問題が生じる原因にもなりかねない状況でした。Hi-PerBT Advanced BOMではBOMデータの取込みも高速になり、長時間のデータ更新を待つ必要はなく、効率化が図られています。
他にも、ユーザーごとに部品表の表示可能な項目が細かく設定できることから、今まではどのユーザーが見ても良い20項目程度の最低限のデータだけを取り込んでいたのに対して、現在ではその5倍の100項目までデータを扱えるようになりました。これにより、工場ごとの部品調達原価の比較や、部品の不足をいち早く見つけ出すなど、より戦略的にBOMシステムを活用しています。
今後は、図面管理の分野でもHi-PerBTシリーズを導入し、より効率のよい設計・製造環境を構築していきたいと考えています。

この事例の商品を見る
その他の事例を見る

Hi-PerBT Advanced BOMに関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら