ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

新システムプロジェクトの活動方針

  • 情報の有効活用
  • 作業の標準化を図る
  • 生き残りをかけ、社員の意識向上を図る

そこで、我々が選んだのは・・・

南九州酒販(株)様ご紹介

Tシャツのロゴマークは、「薩摩焼酎」ブランドロゴマークです。鹿児島の焼酎用の酒器「黒ぢょか」と「おちょこ」をモチーフにデザインされているそうです。ぜひ一度「黒ぢょか」で薩摩焼酎の香りと味を楽しんでみてはいかがでしょうか?

南九州酒販(株)様は鹿児島県下でNo.1の酒類卸売業で県内焼酎メーカと酒類販売業者の出資により設立された会社です。営業上の優位性は、販売のネットが県内全体に張りめぐらされていることで、地域社会の発展と豊かな生活文化の向上に貢献することを企業理念として活動されてます。

今回(株)日立ソリューションズ西日本の『FutureStage 酒類販売業向け販売管理システム』を採用した、 南九州酒販(株)電算課のご担当者に導入の経緯と効果、及び今後の期待についてお話をうかがいました。

お客さま プロフィール

創立 1962年 7月
資本金 5,000万円
従業員数 154名
所在地 鹿児島市南栄4丁目2番
業務内容 ・全酒類の仕入販売並びに加工
・酒類の保管及び搬送
・清涼飲料水並びに食料品の仕入販売
・酒類及び飲料水の販売用機器及び情報処理機器の仕入販売
・貨物自動車運送事業
・生命保険、損害保険代理業務
拠点数 12拠点(鹿児島、加世田、指宿、川内、宮之城、出水、加治木、大口、大隅、鹿屋、種子島、屋久島(出張所))
URL

2009年3月現在

南九州酒販様の広大な倉庫の中です。膨大な数の地元のお酒がきちんと整理され、出荷の時を待っています。

導入のきっかけ

−オフコンによる分散システムでは、業界のスピードアップ化への対応が困難−

導入前の基幹システムはオーダーメイドシステムで、現場の意向に沿ったシステム開発を行っていました。その為、酒類業界特有の個別仕様が多岐に渡り、資産の増大にともない、改変時の負荷も増大していきました。

このままでは、業界のスピードアップの波に乗れず、新たなニーズに応じ切れないと考え、運用を含めたシステム刷新の検討を行うことにしました。

導入の決め手

−要望にはテンプレートをベースに柔軟に対応。オリジナルシステムの開発が『FutureStage 酒類販売業向け販売管理システム』の魅力!−


『FutureStage 酒類販売業向け
販売管理システム』は、日立
ソリューションズ西日本が開発した
製品なので、しっかりとしたサポートが
期待できるのも採用の一因でした。

酒類卸業界に求められる様々なニーズに対応していくためには「集中管理、リアルタイム処理」が前提と考え、新たな仕掛け作りのために社内業務改革プロジェクトを設立しました。プロジェクトでは現行システムで生じていた課題はもちろん、新たに必要な機能を徹底して洗い出し、めざすべき運用をイメージしながら自社オリジナルのRFPを作成しました。

パートナー選定においては10数社から提案・見積をいただきました。様々なパッケージ提案がありましたが、当時あまり耳にしなかった「テンプレート型システム開発」に着目しました。

『FutureStage 酒類販売業向け販売管理システム』は業種特化型のパッケージではありませんでしたが、コア部分は当社が望む「集中管理、リアルタイム処理」であり、不足機能はカスタマイズ対応を行う提案でした。「コアがしっかりしており、オリジナル部分は柔軟に対応可能」との印象を受け、要件をほぼクリアできるシステムが構築可能との判断をしました。

また、ソースコード公開により自社カスタマイズが可能な点も決定ポイントでした。

導入効果として、各支店機能の一部を「受注センター」「配送センター」に集約し、運用負荷の低減と効率向上を図る等、当初の目標に対して大きな効果が得られました。

日立ソリューションズ西日本の「一緒に作り上げよう」とするスタンスも印象的でした。

今後の構想

−『FutureStage 酒類販売業向け販売管理システム』のデータの有効活用を進めて行きたい!−

南九州酒販株式会社とロゴマークを表示しています。

ニーズが常に変化し新たな機能が必要になる業界で、更に効率化をするためには他システムとの連携が不可欠です。そのため、コアである『FutureStage 酒類販売業向け販売管理システム』の柔軟性や拡張性が重要となります。日立ソリューションズ西日本にはコアシステムのベンダーとしてこれまで通り、万全のサポートを行っていただきたいです。

日立ソリューションズ西日本への期待

−『FutureStage 酒類販売業向け販売管理システム』のテンプレート拡充−

今後、期待することはテンプレートの拡充と適用ですね。『FutureStage 酒類販売業向け販売管理システム』はテンプレートを用いたシステム開発なので様々な業界で適用していることから、酒類業界だけでなく、独自処理に強いというイメージがあります。『FutureStage 酒類販売業向け販売管理システム』の根底は業務に精通したSEの存在が大きいと思います。将来的にはそのノウハウを『FutureStage 酒類販売業向け販売管理システム』ユーザでシェア出来れば良いですね。

システム全体の概要図
システム全体概要図
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

『FutureStage 酒類販売業向け販売管理システム』に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら