ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

『Hi-PerBT KIT3』 導入事例 イフジ産業株式会社 様

〜販売管理・生産管理システム〜

必要な情報がタイムリーに把握できない、データの連携不足による
重複入力の発生、ハードウェア障害に対しての不安など、
現行システムの老朽化・陳腐化に伴う課題が山積!
そこで、私たちが選んだのは・・・

イフジ産業のみなさま

イフジ産業のみなさま
(左から)経営企画室 町田係長 都地係長 原次長
  経営企画室       町田係長                    都地係長                     原次長                                  

 イフジ産業(株)様は、1972年の会社設立以来、独立系液卵専門メーカとして、関東、東海、関西、北部九州という大消費地に工場を立地。高効率の工場を軸とする生産体制、安心・安全な製品を製造するための揺るぎない品質管理体制、万全のネットワークで全国に安定供給する配送体制を構築し、全国規模で液卵の製造・販売を行っています。
 今回(株)日立ソリューションズ西日本の『Hi-PerBT KIT3』を採用した、イフジ産業(株)経営企画室の原次長、都地係長、町田係長に、導入の経緯及び効果についてお話をうかがいました。

お客さま プロフィール

イフジ産業株式会社

創立 1972年10月
資本金 4億5585万円
従業員数 89名(他パート242名)
所在地 福岡県糟屋郡粕屋町大字戸原200-1
業務内容 液卵・冷凍卵の製造および販売
卵加工品の製造および販売。
拠点および工場 本社・福岡事業部(福岡県)、
関西事業部(京都府)、
名古屋事業部(愛知県)、
関東事業部(茨城県)
URL

2009年3月現在

イフジ産業株式会社

導入のきっかけ

−タイムリーな情報が把握できない状況。販売管理システムが老朽化−

 導入前の販売管理システムは、10年以上前に構想した当社独自のオーダーメイドシステムを利用。ハードウェア障害に対しては、部品調達面など復旧作業の限界を迎えていました。
 また、システムのデータが一元管理されてなかったため、データの重複入力の発生や、集約・連携に課題を抱えており、さらにバッチ思考に因る仕掛けの問題から、経営判断に必要な情報がタイムリーに把握できませんでした。
 生産管理については、1年以上かけて現場の状況確認を行った結果、生産管理をも包含した基幹システムの導入が必要となり、「生販システム」と標題を掲げ、新システムを導入する運びとなりました。

導入の決め手

−「費用対効果」!パッケージと手作りの中間であるイージーオーダーであった事−

(左から)都地係長 町田係長 原次長

 検討時は、7社から見積・提案・プレゼンを受けました。その中から日立ソリューションズ西日本の『Hi-PerBT KIT3』を選択した大きな要素は、テンプレートを使うことで当社の業務要求を無駄なくカバー出来た事。スリムなオリジナルシステムの構築が期待でき、コスト面も抑えられていたためです。
 また、比較検討は「導入実績、メンバーの経験・技術レベル、サポート体制、操作性、拡張性、レスポンス、ハード・ソフト構成等」に加え、プロジェクトの成功可否に大きく影響する導入スケジュールも検討。結果、当社のプロジェクト体制に合っている日立ソリューションズ西日本を選択しました。
 更には、生産管理システム構築の経験値が選択要素に大きく影響しました。

導入効果

−経営判断に必要な情報をリアルタイムに確認!軌道修正も迅速に対応!−

 導入後は、売上・仕入状況を各拠点に確認することなくリアルタイムに把握でき、また、ハンディターミナルを用いた生産管理も、在庫状況を逐一確認できるようになりました。
必要な情報はすぐに受け取ることが出来る為、経営の軌道修正が細かく迅速に出来るようになりました。

今後の構想

−会計システムとの連携、電子化の促進、迅速なデータ処理で更に効率化を図りたい−

 現在は、会計システム(別パッケージ)との連携を更に強化し、損益分析や予想を行うために、様々な角度からの基礎データを基に、迅速に抽出できる仕組を検討しています。
 また、既に社内業務の電子化が進行していますので、 『Hi-PerBT KIT3』の機能の中で申請業務に関して、電子化可能なものは電子化していきたいと考えています。

日立ソリューションズ西日本への期待

−『Hi-PerBT KIT3』のテンプレート熟成−

都地係長

 『Hi-PerBT KIT3』の導入企業をどんどん増やしていただき、テンプレートを熟成し、当社にとって便利になるものがあれば、フィードバック提案をしてもらいたいです。
 導入の決め手の一つでもありましたが、 『Hi-PerBT KIT3』のサポート体制、バージョン管理の徹底を、今まで通り継続維持して欲しいですね。

システム全体概要図
システム全体概要図
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

販売管理・生産管理システム Hi-PerBT KIT3資料ダウンロード

Hi-PerBT KIT3には、販売管理をスムーズ化した事例、発注業務の効率が飛躍的に向上した事例、業務の平準化に成功した事例、リアルタイムな情報管理、締処理作業の大幅な日程短縮を実現した事例など、多数の事例がございます。その事例をPDFでダウンロードできますので、お気軽にお申し込みください。

他の事例を見る

事例資料ダウンロードする

販売管理・生産管理システム『Hi-PerBT KIT3』に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら