ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

株式会社三石ハイセラム様 基幹システムを大幅リプレイス
さまざまなシステムを統合し、すべての業務を一本化することでよりスムースで戦略的な業務展開が可能となった
販売管理・生産管理システム Hi-PerBT KIT3導入事例

総合耐火物メーカーとして、幅広い事業を展開されている株式会社三石ハイセラム様。事業の流れをスムース化するために

Hi-PerBT KIT3

を導入された事例を紹介します。

岡山県備前市で昭和3年に創業した、老舗の耐火物メーカー

株式会社三石ハイセラム様ご紹介

  • 昭和3年5月岡山県津山市で創業以来、一貫して耐火物の生産に取り組んできた「総合耐火物メーカー」。常に技術開発・新製品の開発に努めるとともに工場の近代化・合理化を行い、耐火物を通じて鉄鋼業界や自動車業界をはじめとした各種業界に耐火煉瓦、不定形耐火物や築炉など耐火物製品を提供します。また、お客さまのニーズに合わせた1,000種類を超えるオーダーメイド製品の制作や製品を提案するなど、オンリーワンの製品の提供にも注力。さらに、リサイクル製品や特定の化学物質を使用しない製品など、環境への配慮にも取り組んでいます。

  • 株式会社三石ハイセラム様写真

    創立 1928年5月22日
    本社所在地 大阪市中央区西心斎橋2丁目15番1号
    業種 耐火煉瓦、不定形耐火物やオーダー品の製造、築炉

導入の目的

業務ごとに分散されたシステムを統合して一本化する

株式会社三石ハイセラム様は20年前から生産管理や販売管理業務をシステム化し、5年ごとにリニューアルを行いながら業務の効率化をはかってこられました。しかしながら、基本のシステムを活かしながら新しい機能を追加していったために、さまざまなシステムが混在している状態でした。また、システム間のデータ授受をFAXや伝票など紙ベースで行っていたことで、双方のシステムで二重の入力が発生するだけでなく、人為操作による入力ミスなどの問題を抱えていました。本社−工場間においても同様にFAXや郵送で行っていたため、社全体の情報をタイムリーに得ることができませんでした。また、使用できる端末は3台しかなく、操作できる人員が限られていました。ところが、業務の幅も広がったことで情報をタイムリーに取得する必要があり、次回のシステムリニューアルでは上流工程から下流工程まですべてを包括できる新しいシステムの導入が不可欠だと考え、製品選択を行うことになりました。

株式会社三石ハイセラム様写真 株式会社三石ハイセラム様のみなさま

導入の決め手

Hi-PerBT KIT3の自由度性の高さで全方位に対応

新システムを導入するに当たり、費用面と構築期間からパッケージを利用することを検討。通常のパッケージでは業務全体をカバーすることは難しいと感じていました。日立ソリューションズ西日本から提案されたHi-PerBT KIT3はテンプレートとして提供されるためカスタマイズの自由度の高さにより個々の業務に柔軟な対応ができることがわかりました。

また日立ソリューションズ西日本は、テンプレートに対して豊富な導入実績があり、その観点でも導入決定の要因となりました。もう一つ、今回のシステム導入に伴い、ハードウェアの環境も刷新しており、ハードウェアのセットアップからシステムの導入までワンストップで構築できることも、導入のポイントでした。

導入の効果

ペーパーレス化とデータアクセスのリアルタイム化を実現

Hi-PerBT KIT3の導入と同時に、これまでの端末3台から、各社員のパソコンで業務遂行が可能となった為、ペーパーレス化とリードタイムの速さを実現しています。以前は出荷指示に関しては、手書きもしくはワープロ文書をFAXで送信していました。また、売上伝票についても各工場では発行できなかったため、本社から郵送し、届いてから入力作業するというような状態で、大きなタイムラグが生じていました。新システムでは場所にかかわらず情報をタイムリーに取得でき、また、入力ミスも解消されました。これを可能にしたのは帳票作成ツール Report Designerです。一旦フォーマットを作成した帳票類には自動的にデータが代入され帳票を作成できるようになり、業務の効率化と数字を入力する際の間違いを根絶しました。

新システムはデータの活用方法もより柔軟になりました。技術部では原料の配合を各自でデータベース化しておくのですが、Hi-PerBT KIT3では品名やロットなどにあらかじめこの配合データを紐付けることができるため、データベース化が自動的に行われ、活用の幅が広がりました。
また、これまで、生産状況は社員の経験則での把握しかできませんでしたが、新システムでは、生産状況が見える化として把握できるようになったことで、誰でも今どの工程の作業をしているのかがわかるようになりました。このように、社員一人ひとりが必要なときに最新のデータにアクセスすることが可能となり、より戦略的にシステムが活用できるようになったのです。

新システムイメージ図

今後も、Hi-PerBT KIT3を有効に活用し、株式会社三石ハイセラム様が得意とするきめ細やかなサポートを実現できるよう活用して行く予定です。

販売管理・生産管理システム Hi-PerBT KIT3資料ダウンロード

Hi-PerBT KIT3には、販売管理をスムーズ化した事例、発注業務の効率が飛躍的に向上した事例、業務の平準化に成功した事例、リアルタイムな情報管理、締処理作業の大幅な日程短縮を実現した事例など、多数の事例がございます。その事例をPDFでダウンロードできますので、お気軽にお申し込みください。

他の事例を見る

事例資料ダウンロードする