ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

「紙、PDFの注文書などの入力業務から解放されたい!“DX推進”がキーワードになってきているけど、どう進めるのかが分からない!」と思っていませんか?
紙、PDFの入力業務を改善していく為にはAI-OCRやEDIソフトといったデータハンドリングソフトの活用が効果的です。アナログデータから電子データにシフトすることで、基幹システムへのデータ自動取り込みや取引先様とのデータ交換自動化が可能となり、新たな業務スタイルが実現されます。

本セミナーではDX推進の第一歩として、入力業務の課題を改善する販売/生産管理システム Hi-PerBT KIT3とAI-OCR×データ連携基盤統合ソフト OCRtranの連携ソリューションをご紹介します。

セミナー概要

名称 AI×OCRとデータ連携基盤で始めるDX最初の一歩、
FAX受注業務のデジタル化を実現
〜OCRtranと基幹システム連携ソリューションのご紹介〜
日時 2021年7月27日(火) 15:00〜15:50
形式 オンラインにて開催(Zoom利用)
* PC、スマートフォン、タブレットからご視聴が可能です。
受講料 無料(オンライン事前登録制)
主催 株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト
共催 株式会社データ・アプリケーション
株式会社 日立ソリューションズ西日本
お申込み

株式会社 日立ソリューションズ・クリエイトのWebサイトよりお申込みください。

*
お申し込み受付後に、メールにて受付完了をご案内いたします。
*
お申し込み後1週間経過してもご案内が届かない場合は、恐れ入りますが株式会社 日立ソリューションズ・クリエイトまでご連絡願います。
*
お申し込みが多数の場合は参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。
*
同業他社様からのお申し込みは参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。
*
開催日前日に、株式会社 日立ソリューションズ・クリエイトより参加方法をメールにてご案内いたします。(当日10:00までにご案内が届いていない場合は、恐れ入りますが株式会社 日立ソリューションズ・クリエイトまでご連絡願います)

プログラム概要

15:00〜15:25
(25分)

第1部
紙データ活用ソリューション「SPA Cloud」とデータ連携基盤「ACMS Apex」の統合ソリューション「OCRtran」の活用事例をご紹介

デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現には“データの利活用”が必須となります。最初の一歩は、まだまだ大量に残っている紙、PDFの電子化&業務の効率化推進から始めませんか。
「OCRtran」では、AI-OCRによるアナログデータの電子化だけではなく、電子的な文書保管や後続システムとのデータ連携、更にはEDIによるデータ交換までを実現できます。基幹系システムの入力、メール送信など手作業による業務の課題解決に向けて、AI-OCRとデータ連携基盤がワンストップで提供される事のメリットを中心に「OCRtran」の活用方法をご説明します。

株式会社データ・アプリケーション
営業本部 戦略推進グループ
長谷川 真也

15:25〜15:50
(25分)

第2部
「OCRtran」と連携し、DX化を推進できる販売管理システム「Hi-PerBT KIT3」のご紹介

1.攻めの販売管理システム「Hi-PerBT KIT3」について
ユーザーサイドの業務負荷を軽減し、高度なセキュリティを確保しながら業務にフィットさせ、業務の効率化を実現する販売管理システムをご紹介します。

2.受注業務効率化の提案事例
新しい生活様式への移行に伴い、在宅勤務においてもお客さま、取引先さまとの間における注文、発注、検収のやり取りをスムーズに行いたいとの改善要望が高まっております。
本セミナーでは、紙、FAXの注文書を活字化する「OCRtran」とお客さま業務改善を実現できる「Hi-PerBT KIT3」の連携により、入力業務から、発注、検収業務までの一連の業務を効率化しお客さまの業務省力化を実現するソリューションについてご紹介します。

*
都合により内容が変更される場合がございます。予めご了承ください。