ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

2021年9月13日
株式会社日立ソリューションズ西日本

電子帳簿保存法に準拠した電子文書による商取引や文書保管を
クラウド上で実現するHi-PerBT モバイル帳票を販売開始

株式会社日立ソリューションズ西日本(本社:広島県広島市、取締役社長:久保田 健二)は、電子文書による商取引や文書保管をクラウド上で実現する「Hi-PerBT モバイル帳票」を2021年9月13日より提供開始します。

「Hi-PerBT モバイル帳票」は、給与明細電子配信システム市場でトップシェア(*)の「Hi-PerBT モバイル給与」を『電子帳簿保存法』に対応させて電子的な方法による商取引などに応用できるよう進化した新サービスです。

*
出典: 富士キメラ総研 市場調査レポート 2021年2月26日発刊 「After/Withコロナで加速するニューノーマル時代のICT変革ソリューション市場」 給与明細電子化システム市場 2020年3月末

テレワーク推進といった働き方の大きな変革が、短期間に加速する一方で、紙文書、ハンコなどをなくす「しかけ」が追いつかず、多くの企業で実務の見直しが急務となっています。
こうした課題に対処し、これまで紙ベースで行っていた文書による商取引から保管までを、クラウド上で電子的に実現するサービスです。

柔軟なシステム運用、業務効率向上
各種業務システムから出力した帳票データを、クラウド上にアップロードするだけでさまざまな電子帳票を作成し、指定された配信日に自動配布することができます。配信先に対する送達管理や紛失防止を支援し、紙ベースで行っていた配信業務を飛躍的に効率化させることができます。
さらに、電子帳簿保存法に準拠していますので、配送帳票である請求書、納品書、見積書、領収書などの帳票をクラウド上で安心して長期保存することができます。
帳票の受信者とのやりとりも電子化し、業務処理時間を短縮
受信者からのデータ返信機能を有するため、帳票の受信者(顧客・取引先)とのやりとりも電子化することで、業務処理時間の短縮をはかれます。例えば、雇用実務において、採用者側から直接データエントリーすることで、「雇用契約書」の作成を含む雇用実務全体の電子化を実現し、就業可能日までの期間を大幅に短縮することができます。
働き方改革を支援
配信者および受信者は、PCだけでなくスマートフォンをはじめスマートデバイスからHi-PerBT モバイル帳票の利用が可能であり、タイムアンドロケーション(T&L)フリーワークとして、場所や時間にとらわれない働き方に対応できます。

「Hi-PerBT モバイル帳票」は、累計370万ライセンスの導入実績があるクラウドサービス「Hi-PerBT モバイル給与」を応用しており、これまで多くのクラウドサービスを提供してきた実績と運用ノウハウを生かし、すべてのお客さまが安心して利用できるサービスを提供します。企業間にまたがる業務改善にもつながります。

導入のメリット

お客さま(配信者)

  • 帳票の封入、発送、保管スペースなどの手間と費用を削減
  • 紛失、誤送達などのリスクを軽減し安全性を向上
  • 現在使用中の帳票フォーマットをそのまま再現可能
  • 受信者の既読/未読状況の確認が可能

顧客・取引先(受信者)

  • 帳票の紛失リスクを低減
  • 必要に応じて帳票のダウンロードや印刷も可能

共通

  • 接続環境さえあれば在宅勤務でも帳票確認が可能
  • 過去10年分のデータを蓄積、過去の帳票確認がいつでも可能
  • 帳票に印字されている項目を検索条件にして、帳票の絞込検索が可能

価格

製品名 価格(税抜)
Hi-PerBT モバイル帳票 初期費用:15万円〜
配信費用:60円/1配信

製品紹介URL

「Hi-PerBT モバイル帳票」ホームページ

お問い合わせ先

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

担当部署:プロダクトサービス本部 共通パッケージソリューション部
担当:新屋 靖
ホームページからのお問い合わせ:https://www.hitachi-solutions-west.co.jp/inquiry/

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:事業企画本部 広報・宣伝部
担当:宗吉 修、福原 敏弘
Tel:082-511-8011  Fax:082-511-8099
E-mail:hsw-koho@hitachi-solutions.com

*
Hi-PerBTは、株式会社日立ソリューションズ西日本の登録商標です。
*
記載されている会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
*
製品の改良により、予告なく記載されている仕様が変更になることがあります。
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。