ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

稟議書は承認ルールが複雑になる場合が多く、電子化する際の障害になる場合がありますが、Hi-PerBT ワークフローでは、このような複雑なフローもお客さまにて設定・運用することができます。また、見積り依頼、作業依頼、入管申請など、企業間での申請・依頼にも活用できます。導入形態は、自社導入(オンプレミス)またはクラウドサービスの2通りより選択可能です。

Hi-PerBT ワークフローの適用例

稟議の事例

稟議書は紙で運用する場合は、決裁までに時間がかかり、途中で紛失することがあるなど多くの問題を抱えています。
また、稟議書は承認ルールが複雑になる場合が多く、電子化する際の障害になる場合があります。
Hi-PerBT ワークフローでは、このような複雑なフローもお客さまにて設定・運用することができます。

企業間でのワークフロー

見積り依頼、作業依頼、入管申請など、企業間での申請・依頼にも活用できます。
クラウド上のHi-PerBT ワークフローのクラウドサービスを利用することで、企業間での申請や依頼を、一連のワークフローとして扱えるようになります。
また、申請や依頼が他社内で現在どのような状況なのかを把握することができます。他社内でも適切に決裁されたことを記録として残すことができます。

各企業内はワークフロー化できているが企業間のやり取りはメール・FAXなので、全体を1つの流れとして状態の管理を行うことが困難です。 Hi-PerBT ワークフローのクラウドサービスを利用することで、企業間でのワークフローが可能になります。

Hi-PerBT ワークフローの導入形態

導入形態は、自社導入(オンプレミス)またはクラウドサービスの2通りより選択可能です。

自社導入(オンプレミス)
お客さま内に、Hi-PerBT ワークフローをご導入頂きます。
クラウドサービス
データセンタ内に用意された環境をご利用頂きます。

Hi-PerBT ワークフローのお客さまインタビュー

JNC株式会社様

JNC株式会社様の写真

80種類もの帳票類をわずか2ヶ月で作成。
高いユーザビリティで無駄なコストをかけずスピーディに導入を実現!
グループ全社員2,900名のみならず協力会社も含めた4,000名が使用できる大規模ワークフローが順調に稼動!

大興物産株式会社様

大興物産株式会社様の写真

ワークフロー導入を機に、社内ルールを刷新!業務効率が画期的にUP!
社内ルールを一から見直し、承認プロセスをスリム化することで、カスタマイズ費を抑え、短期導入を実現。
2週間程度かかった申請から支払までが、たった2日間に短縮!

詳しくお問い合わせはこちら

ワークフローとは

特長、機能についてはこちら

よくあるご質問(FAQ)

Hi-PerBT ワークフローのお問い合わせ

Hi-PerBT ワークフローの資料請求

Hi-PerBT ワークフロー 無料お試し