ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

アプリケーションデリバリコントローラ 『ArrayAPV』の機能

企業のWebシステム最適化に求められるコア機能を1台で提供!

サーバ負荷分散からSSLオフロード、マルチホーミングまで、Webシステムに必要な機能を1台に搭載した統合アプライアンス。

多彩な機能を1台のアプライアンスで実現します。システムの全体最適化を促すとともに、管理者を煩雑な運用管理から解放し、システムをより頑健なものにします。

アプリケーションデリバリコントローラ 『ArrayAPV』の主な機能

アプリケーションデリバリコントローラ 『ArrayAPV』 シリーズなら、スクリプトプログラム作成を必要としません。
以下のすべての設定は、プリセットされたポリシーから容易に設定可能です。

設定項目 概要
負荷分散アルゴリズム ラウンドロビン、重み付けラウンドロビン、最小接続数、最短応答時間 など
セッションマネージメント ソースIP/Port、Cookie、ホスト名、URL文字列、HTTPヘッダ情報 など
Sorryページカスタマイズ 専用HTMLコンテンツ、HTTPエラーコード、サービス毎の設定 など
サーバヘルスチェック HTTPカスタマイズ、TCP/Ping、複数メソッドの組み合わせ など

OSバージョンアップや設定情報リストアなどのシステムメンテナンスはもちろん、トラブルシューティングまで日本語WebUIから設定可能です。さらにオリジナルの日本語ホワイトペーパーもご用意しています。

アプリケーションデリバリコントローラ 『ArrayAPV』のマルチホーミング機能

システム内での冗長性を十分考慮してネットワーク設計をしたとしても、ひとたび提供基盤となる回線障害が起きれば、サービスストップに直結してしまいます。アプリケーションデリバリコントローラ 『ArrayAPV』 のマルチホーミング機能は、複数のISP回線に負荷分散を行うことで最小限の回線コストで簡単に単一障害点を無くすことができます。

アプリケーションデリバリコントローラ 『ArrayAPV』 のマルチホーミング機能と複数のISP回線で運用することにより、ISPの回線障害時に他ISP経由でのサービス継続が可能となります。アプリケーションデリバリコントローラ 『ArrayAPV』 は、複数のISP回線を収容することで、トラフィックを分散し、パフォーマンス向上とネットワーク停止によるサービス停止リスクも回避します。

マルチホーミング機能は、Outbound方向の回線負荷分散だけでなく。独自のSmart DNS機能によってDNSサーバのように振舞うことでInbound方向の回線負荷分散にも対応します。

アプリケーションデリバリコントローラ 『ArrayAPV』 導入事例

月末にアクセス集中する社内システムの応答改善、一般向けオンラインショッピングサイトでの負荷分散、アパレル業界販社向けの受発注システムでの冗長化適用事例などをご紹介します。

膨大な取引系の通信の暗号化および復号を行うSSLアクセラレータと、高い処理能力を持つロードバランサ(負荷分散装置)の機能を担うアプリケーションデリバリコントローラとして導入!

アプリケーションデリバリコントローラ 『ArrayAPV』 資料ダウンロード

アプリケーションデリバリコントローラ 『ArrayAPV』カタログ画像

アプリケーションデリバリコントローラ 『ArrayAPV』 カタログ(PDF形式、1,740kバイト)
サーバ負荷分散、SSLアクセラレーション、マルチホーミング、Ipv6対応など、企業のWebシステム最適化に求められるコア機能を1台で提供します。
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。

アプリケーションデリバリコントローラ 『ArrayAPV』 関連情報

詳細情報は、下記のサイトでも確認頂けます。

アプリケーションデリバリコントローラ 『ArrayAPV』に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら