ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

自動車部品製造業の生産管理に携わるかたで、このような課題でお悩みではありませんか?

  1. 課題1
    内示の変動や確定受注との
    差分の調整が大変
  2. 課題2
    生産計画・生産指示が
    現場の担当者任せ
  3. 課題3
    製品、原材料の適正在庫が
    わからない
  4. 課題4
    原価予実を把握したい
受注から生産計画、発注、生産、出荷、製造原価までトータルで生産管理業務をサポートします

生産管理システム Factory-ONE

電脳工場MF 自動車部品ソリューション

が選ばれる理由

  1. POINT1
    得意先からのEDIデータを取り込むことができる
    • 得意先受注情報の一括取り込みを標準実装
    • 確定受注および内示受注の取り込みに対応
    • 確定受注による内示の消し込みに対応
  2. POINT2
    受注情報をもとに所要量計算を実行し生産計画を立案できる
    • 受注情報をもとに所要量計算を実行
    • 所要量計算結果をエクセルに取り込んで計画訂正が可能
    • エクセルライクで使いやすいインタフェースで計画や在庫を管理
  3. POINT3
    リアルタイムで在庫を把握できる
    • 生産計画から作業指示、材料発注を作成
    • 生産実績を登録することで在庫の計上、材料の引き落としができる
    • 製造現場にタブレットを設置することでリアルタイムに生産状況、在庫を把握
    • ラインから生産情報を連携するIoTにも対応
  4. POINT4
    標準原価と実績原価で原価予実を管理
    • マスター材料費、外注加工費、労務費を標準単価として積み上げ
    • 生産実績と外注・仕入実績から実績原価を計算
    • 標準原価と実績原価の差異が把握できる
    • 原価差異を原価低減活動に利用できる

導入事例

株式会社ニイテック様の写真

株式会社ニイテック様

自動車部品製造業に特化したテンプレートを活用し、
半年という短納期で基幹システム導入を実現。

事例をみる