ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

Hi-PerBT 購買管理のよくあるご質問(FAQ)

依頼部門向け機能と購買部門向け機能をサポート。
全社での効率化、標準化を目指した購買システムを提供。

製造業向け購買業務を全面サポートします!

Hi-PerBT 購買管理は、製造業で必要な生産材、消耗品、副資材、設備等の購入手配に対応した購買システムです。 依頼部門向け機能と購買部門向け機能をサポートしており、依頼部門からの購入申請、上長承認や購買部門での見積、発注、検収を行うことができます。

Hi-PerBT 購買管理の機能についての質問

Q1.取引先が増えた場合はどのようになりますか?

Hi-PerBT 購買管理は、サーバライセンスとなりますので、新規の取引先を登録するだけで運用可能です。

Q2.セキュリティは?

Webで行った操作は、すべてログを取得しています。

Q3.提供形態はオンプレミスでしょうかSAASでしょうか?

Hi-PerBT 購買管理は、オンプレミスになります。

*
オンプレミスとは、企業などが情報システムを自社で保有し、自社の設備において運用することです。

Q4.現在Webベースの購買管理システム(英語対応可のもの)の導入を検討いたしておりますが英語対応可能でしょうか?

Hi-PerBT 購買管理は、グローバル対応(多言語対応)を標準装備しています。言語数の制限はなく、海外発注等のグローバル対応をサポートします。

Q5.自社の購買システムの導入を検討していますが、システムが自社のニーズに合致しているかどうか、システムの大まかな概要を聞きたいが、可能でしょうか?

Hi-PerBT 購買管理のデモも実施しております。また、お客さまの現状をヒアリングし。どのように業務の効率化をはかれるかなどのご提案が可能です。豊富な導入実績から、お客さまの購買業務の改善を支援します。

Hi-PerBT 購買管理のデモ希望や詳細は、お問い合わせ願います。

Q6.一部の商品は在庫を持たず、お客さまの受注があってから発注業務を実施していますが、昨今売上が伸びている状態です。現状、発注時には、購買管理のフローを紙で申請して判子を貰う作業にとても時間を要しています。また、発注書や検収書は決まったフォーマットがなく、毎回各個人でエクセルで作成しています。発注業務が増えつつある現状では、非常に手間であり担当部門からシステム化の要望が上がっている状況です。過去の単価管理や購買実績も営業各個人が持っており、共有化できないことも課題なので解決したいが?

Hi-PerBT 購買管理には標準でワークフロー機能を搭載しています。承認ルートも各品目において設定可能ですので購買業務の効率化がはかれます。ワークフローで社内承認を実施するので、現在使用の紙ベースの承認が軽減され、購買業務のコスト削減ができます。単価管理・実績管理なども購買業務システム化で情報共有が可能です。

Q7. SAPとの連携が可能かどうかも教えてください。

SAPとの連携は稼動実績がございます。
多数の連携事例からお客さまの基幹システムや会計システム連携により、トータルでの業務効率化を支援します。

Q8. EDIオプションとHiーPerBT ウェブ購買の違いを教えてください。

EDIオプションはHiーPerBT 購買管理専用のEDI機能です。
購入依頼や発注はHi-PerBT 購買管理で行い、サプライヤーはEDIオプションの機能を利用して注文の確認や納期回答を行います。
Hi-PerBT ウェブ購買は他の購買システムとCSVで連携して活用することを想定したシステムです。Hi-PerBT ウェブ購買はアンケート機能といったサプライヤーとの連携をさらに強化する機能を実装しています。

Q9.多言語対応はされていますが、他通貨対応もされていますか?

グローバル対応(他通貨対応)などの機能を標準で実装しています。

レートマスタ
通貨ごとのレートをマスタで管理します。管理項目は通貨コード、通貨名称、レートなど。
取引先マスタ
レートマスタを参照し、取引先と通貨の対応関係をマスタで管理します。管理項目は取引先コード、取引先名称、通貨コードなど。
発注データ
発注データには、換算前金額とレートマスタのレートを考慮した換算後を参照した換算後金額(円)を保持します。

Hi-PerBT 購買管理の導入後の質問

Q1. Hi-PerBT ウェブ購買の導入を検討したいのですが?

Hi-PerBT 購買管理をご利用される場合は、専用のWebEDI機能であるEDIオプションをご検討ください。

Q2. さらなる効率化・コスト削減のため「カタログ購買サービス」の導入を検討したいのですが、どのようなメリットがありますか?

日立は、カタログ機能やグローバル対応を実現する「TWX-21」をご提供しております。
「TWX-21」とは、約50,000社の導入実績をもつ日立の企業間ビジネスメディアサービスです。「TWX-21」の基盤上では、「MRO集中購買サービス」というカタログ購買サービスを提供しています。
購買管理システムHi-PerBT 購買管理と連携してご利用いただくことで、社内購買業務を含めた工数削減を実現します。

購買代行サービスとシステム運用サービス(環境利用型)のご提供
集中購買参加型サービスは業者/商品選定、価格交渉 等購買関連業務を代行するサービスですので、購買管理コストを削減でき、消耗品バイヤを創造的業務へシフトすることが可能です。
環境利用型の併用により、業務適用範囲を広げ、全社規模での業務改革を実現することが可能です。
幅広い商品群と外部カタログ連携・見積機能により活用範囲大
集中購買参加型サービスでは、事務用品、オフィス家具、安全保護具、ソフトウェア、PCアクセサリ、工具、 理化学などの消耗品を取り扱っています。また、外部のサプライヤカタログとの連携機能や見積機能(カタログ外品手配機能)があり、購入対象品目・業務改革範囲・可視化範囲を広げることが可能です。
スケールメリットを活かした継続的コストダウン
日立グループの購買量をベースに、お客さま全体の購買量をもとに価格交渉を実施しています。
全国一律 同一サービス(全社規模の合理化が可能)
全拠点について、発注からお届けまでを同一単価、送料無料(沖縄・離島は対象外)、各拠点での購買業務(単価交渉、伝票処理、支払、各種調整・取り纏め)の重複を排除できます。
企業のご利用に必要な各種機能に対応(多くの企業で実績有)
承認機能(最大10段階)、承認者メール通知機能、経費勘定科目・部門コード項目対応、購入実績 (CSV形式)ダウンロード、(繰り返し発注対応)、お気に入り商品検索機能、購入商品制限機能などがあります。

Hi-PerBT 購買管理 資料ダウンロード

Hi-PerBT ウェブ購買のカタログ画像

Hi-PerBT 購買管理のカタログ (PDF形式、689kバイト)
購買業務を強力サポート。サプライヤーとの見積、注文、検収等の購買処理を効率化する事ができます。
Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。

Hi-PerBT 購買管理 関連情報

製造業向け Hi−PerBTシリーズ

購買ソリューション

Hi-PerBT ウェブ購買

Hi-PerBT ウェブ購買
製造業の購買業務を効率化するWebEDIシステムです。
見積、発注から検収、支払、図面配信など、サプライヤーとの取引で必要な業務機能を標準でサポートしています。

生産管理ソリューション

Hi-PerBT Advanced 生産管理

Hi-PerBT Advanced 生産管理
個別受注生産業種に強いシステム製品です。
製造業のPLM、標準化を強力にサポートします。

設計ソリューション

Hi-PerBT Advanced 図面管理

Hi-PerBT Advanced 図面管理
企業の頭脳とも言える設計業務を効率化するシステムの1つです。
図面情報を的確、迅速に電子化することで、図面管理業務を正規化し、ペーパーレス化を実現します。

Hi-PerBT Advanced BOM

Hi-PerBT Advanced BOM
企業の頭脳とも言える設計業務を効率化するシステムの1つです。
製造業の基盤となる部品表情報を厳密、または自由にデータベース化することで、部品表管理業務を正規化し、変化への柔軟な対応を実現します。

計画ソリューション

Hi-PerBT Advanced PLAN

Hi-PerBT Advanced PLAN
製造業の計画業務を効率化するシステムです。
部品表情報と工程パターンから生産/手配日程情報を自動展開することで、計画業務の精度向上を図り、進捗の見える化を実現します。

見積ソリューション

Hi-PerBT Advanced BOM Configurator

Hi-PerBT Advanced BOM Configurator
製造業の見積業務を効率化するシステムです。
標準化された情報と顧客の要求仕様から部品表情報を自動展開することで、見積業務を早期化し、原価の見える化を実現します。

Hi-PerBT 購買管理に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら