ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

内部事務システム運用における
さまざまな課題を解決

  1. 課題1
    耐災害性・耐障害性などの
    コンテンジェンシープラン(*)
    の確立、維持
  2. 課題2
    セキュリティ対策の強化
  3. 課題3
    サーバーメンテンナンスなどの
    システム運用負担の軽減
  4. 課題4
    トータルコストの削減
*
コンテンジェンシープラン:災害や事故など想定外の事態が起きた時のために、事前に定めておく対応策や行動手順のこと。
クラウドサービスの採用により
内部事務システムの運用を効率化します!

自治体向け内部事務クラウドサービスが
選ばれる理由

  1. POINT1
    自治体の内部事務業務をトータルで提供
    • 「財務会計」「文書管理」「人事給与」「人事評価」「庶務事務」といった自治体内部事務業務をトータルでサポート
    • 日立自治体ソリューション「ADWORLD統合内部」を採用
  2. POINT2
    万全のセキュリティ対策
    • 日本国内の万全なセキュリティ・信頼性を確保したデータセンターよりサービス提供
    • 運用支援は、高いセキュリティを確保した専用ルームより対応
  3. POINT3
    LGWAN-ASPによるサービス提供
    • 高度なセキュリティを維持した行政専用のネットワークによる信頼性
  4. POINT4
    職員さまの負担軽減およびコスト削減の運用をご提供
    • サーバー運用などにかかる職員さまの負担を軽減
    • 職員さまによる、停電や機器故障時、システムバージョンアップ作業時の立合が不要
    • 機器障害時の切り分けが不要となり、人件費の削減
    • 定期的な機器更新が不要となり、システム調達の準備などにかかる作業を削減

導入事例

山口県 長門市さまの写真

山口県 長門市さま

2020年1月より、人事給与・庶務事務クラウドサービスをご利用いただいております。
また、ICカードを用いた出退勤管理を実施。

広島県 江田島市さまの写真

広島県 江田島市さま

2020年4月より、人事給与・庶務事務クラウドサービスをご利用いただいております。

導入事例一覧をみる