ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

このような課題でお悩みではありませんか?

お客さまのお悩み解決を支援いたします

次世代ファイアウォール Palo Alto Networks PA シリーズは、危険なアプリケーションや標的型攻撃が引き起こす情報漏えいを防止する次世代ファイアウォールです。
従来のファイアウォール機能に加えて、アプリケーションの利用制御、ユーザの識別、アンチウイルス、不正侵入防御、およびURLフィルタリング機能などの多彩な機能を持ちます。標的型攻撃対策として有効な多層防御をアプライアンス1台で実現します。

既知から未知までの脅威を防御

巧妙に進化し続けるマルウェアの情報を共有し防御します。

複数装置を一台に統合し、アプリケーション制御を実現

ユーザごとにアプリケーションの利用を制御でき、必要なアプリケーションのみを許可、不要なアプリケーションを禁止することができます。

ネットワークの利用状況を可視化

ログ解析により、ネットワーク利用の状況を把握できます。統合管理によるログの長期保存や設定の一括管理が可能です。

Palo Alto Networks PA シリーズの概要

エンドポイントセキュリティのTrapsや、未知のマルウェアを検知するWildFireと相互連携し、巧妙に進化し続けるマルウェアの情報を共有し防御します。

ファイアウォール/エンドポイント/クラウドで実現する防御のサイクル

PAシリーズでネットワークを、Trapsでエンドポイントを防御し、両製品から提供される未知のマルウェアをクラウドサービスのWildFireで検査します。相互連携により脅威情報を共有することで、より高いセキュリティを実現します。

次世代ファイアウォール Palo Alto Networks PA シリーズの特長

標的型攻撃対策を一台で実現
多様化する高度な標的型攻撃に対し、各シーケンスにおいて複数の防御策を用意し、多層防御します。
アプリケーションの利用を制御
ユーザ毎にアプリケーションの利用を制御でき、必要なアプリケーションのみを許可、不要なアプリケーションを禁止することができます。

アプリケーションの利用を制御

ネットワークのリスクの見逃し防止
ログ解析により、ネットワーク利用の状況を把握できます。統合管理によるログの長期保存や設定の一括管理が可能です。また、アプリケーションの利用を可視化し、分析できます。
情報漏えいの防止
既知のマルウェア対策はUTM機能で実施し、未知のマルウェアにはサンドボックスのWildFireで検知し対策します。

クラウドで実現する「未知のマルウェア」への対策
画像を拡大する(新規ウィンドウを表示)

ポイントエンドセキュリティTraps 
従来のアンチウイルス製品では対応できない、新たな脆弱性や未知のマルウェアなど最新の攻撃を防御します。

クラウドで実現する「未知のマルウェア」への対策

Trapsが実現する次世代エンドポイントセキュリティでは、増え続ける最新の脅威を2つのアプローチで、シグネチャに依存せず「攻撃を伏図」エンドポイント防御を実現します。

脆弱性に攻撃に対するアプローチ
脆弱性攻撃が共通して使用する攻撃手法を監視することで、既知/未知問わず全ての脆弱性攻撃を防御。
マルウェア(実行ファイル形式)に対するアプローチ
WildFire:WildFireのマルウェア情報と連携した実行阻止。実行制限:署名有無や場所(指定フォルダやUSBメモリ)等の要素で実行可否を指定。振舞い制限:Thread Injection等、マルウェアが利用しがちな振舞いを検知し実行阻止。

次世代ファイアウォール Palo Alto Networks PA シリーズの機能一覧

機能名 概要
アプリケーション識別 ポート、プロトコル、SSL暗号化に関らず通信内容からアプリケーションを識別し、アクセスコントロールすることができます。
ユーザ識別 ネットワークの通信をIPアドレスではなく、ユーザ名で識別しアクセスコントロールします。
URLフィルタリング セキュリティ脅威のあるサイトや業務に不要な有害サイトへのアクセスを制御します。
UTM機能 IPS(不正侵入防御)、アンチウィルス、アンチスパイウェアなどの機能があります。
WildFire 未知のマルウェアを分析し、対策シグネチャの生成・配信を行います。提供形態は、クラウド型/アプライアンス製品の2種類から選択可能です。
ボットネット検知 ボットに感染した端末特有の振る舞いを検知し、レポーティングします。
ログ管理機能 アプリケーションの利用を可視化し、レポート作成が可能です。レポートのスケジュール化やメールの自動配信ができます。
また、統合管理製品(Panorama)を導入すれば、複数台のPAシリーズのログを一括収集できます。
*1
必要機能に応じてライセンス契約が必要です。

次世代ファイアウォール Palo Alto Networks PA シリーズの導入事例一覧

イオン九州株式会社 様の写真

『会社の信用失墜につながりかねない軽率なインターネット利用を防ぎ、高度なセキュリティ対策を実現するために私たちが選んだのは・・・』

本部・店舗のインターネットの利用実態を把握し、セキュリティを強化!!

次世代ファイアウォール Palo Alto Networks PA シリーズの関連情報

詳細情報は、下記サイトでも確認いただけます。

次世代ファイアウォール Palo Alto Networks PA シリーズに関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら