ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

秘文 Device Controlの導入事例

漏洩してはならない情報を社外に出さない!情報漏洩セキュリティソフトウェア

企業の肥大化する情報インフラ(社内/社外)での情報漏洩防止対策を支援します。

秘文 Device Controlは、デバイスの利用や接続先ネットワークなどをコントロールすることで、漏洩してはならない機密情報が社外へ出ることを阻止します。マルウェア対策商品と連携した感染源の特定なども可能です。

セキュリティを確保した働き方改革

時間や場所にとらわれない働き方を実現するテレワークを促進するためのセキュリティ対策を支援します。
自宅やカフェなどでのアクセスポイント利用時や電車やバスなどでの移動時の紛失・盗難による情報漏洩を防ぐことができます。

日立グループで活用。国内の日立グループ143社、約28万台で使用しています。モバイルPCは、秘文のWi-Fi制御、VPN強制機能を導入し、安全なテレワークを推進しワークスタイル変革を支えています。

国内の日立グループ各社にて秘文のWi-Fi制御、VPN強制機能の活用で、従業員の安心・安全なテレワークを推進しています。

ワークスタイル変革を支援する、秘文 Device Controlに関するお問い合わせはこちらから。

連携ソリューション例

秘文 Device Controlは、さまざまな商品と連携し、さらなるセキュリティ対策や運用管理の作業効率向上をはかります。

FireEye NXと秘文の連携ソリューション

ファイア・アイ株式会社のマルウェア対策商品Fire Eye NXと連携し、秘文 Device Controlがマルウェア感染端末のネットワークを自動で遮断、感染端末からの情報漏洩や内部ネットワークへの感染拡大を防止します。
また、自動遮断した端末上に警告画面を表示し、マルウェアに感染したことを利用者に通知することもできます。

*
FireEyeは、FireEye,Inc.の登録商標です。

パロアルトネットワークス PAシリーズと秘文の連携ソリューション

インターネットから侵入してくるマルウェアをパロアルトネットワークス PAシリーズが入口でブロック。未知のファイルに対してはマルウェア判定を行います。
PAシリーズがマルウェアを検知すると、秘文 Device Controlが感染端末の利用者に警告表示することで、感染の可能性があることを注意喚起できます。
また感染端末をネットワークから自動遮断することも可能です。

*
Palo Alto Networks Logoは、米国Palo Alto Networks, Inc.の商標、または登録商標です。

日立 拡散活動検知ソフトウェアと秘文の連携ソリューション

日立 拡散活動検知ソフトウェアと 秘文 Device Controlが連携して、拡散活動検知ソフトウェアからの検知情報を受信すると、攻撃の起点となっている端末をネットワークから切り離します。これにより、攻撃者が重要情報を持ち出す前に攻撃を頓挫させ、お客さまの大切な情報資産を守ります。
また、拡散活動検知ソフトウェアは、アラクサラネットワークス株式会社の「AX260A」とも連携します。

*
AlaxalAはアラクサラネットワーク株式会社の登録商標です。

CylancePROTECTと秘文の連携ソリューション

AIを活用した次世代マルウェア対策商品「CylancePROTECT」と秘文 Device Controlが連携し、CylancePROTECTが検知したマルウェア検知ログを秘文 Serverに送信します。CylancePROTECTの検知ログと、秘文のユーザ操作ログを組み合わせて可視化することで、ランサムウェア侵入の契機となったユーザ操作を特定し、再発防止の迅速な立案を支援します。
Cylanceクラウドを利用できない環境でも検知ログを収集できるようになり、閉域ネットワークでもインシデントレスポンスに活用できます。

*
CylancePROTECTは、Cylance Inc.の米国およびその他における商標または登録商標です。

秘文 Device Controlに関するお問い合わせはこちらから。

秘文 Device Controlの資料請求

秘文 Device Control リーフレット画像

秘文 Device Controlの資料のお問い合わせは下記からお願いします。

お問い合わせ

秘文 Device Control 関連情報

詳細情報は、下記のサイトでも確認頂けます。

秘文シリーズ

複雑な時代にシンプルな解決策を。出さない、見せない、放さない。情報漏洩防止ソフトウェア、秘文シリーズ。

秘文
秘文とは目的に該当する商品を選ぶだけで多くの商品を組み合わせることなく、目的の情報リスクに対応し働き方改革を支援するソフトウェアです。秘文の概要を紹介しています。
秘文 Data Encryption
PCや記録メディア、ファイルサーバのデータを暗号化。第三者に情報の中身を見せません。
秘文 Data Protection
ファイルの失効(閲覧停止)で、相手先に渡した情報の不正利用や流出・拡散を防止します。
秘文 Endpoint Protection Service
情報漏洩対策やマルウェア対策などのセキュリティ対策機能をクラウドサービスで提供し、一人情シスでも手軽かつ低コストに導入・運用が可能です。

秘文 Device Controlに関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら