ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

秘文 Device Controlの動作環境/価格

漏洩してはならない情報を社外に出さない!情報漏洩セキュリティソフトウェア

企業の肥大化する情報インフラ(社内/社外)での情報漏洩防止対策を支援します。

秘文 Device Controlは、デバイスの利用や接続先ネットワークなどをコントロールすることで、漏洩してはならない機密情報が社外へ出ることを阻止します。マルウェア対策商品と連携した感染源の特定なども可能です。

システム構成例

クライアントPCが500台の場合のシステム構成例

クライアントPCが500台の場合のシステム構成例。秘文 Server(プライマリ/セカンダリ)各1台。クライアント500台、インストールモジュールは秘文 Device Control。

秘文 Serverに障害が起こった場合、持ち出しの認証を一切できなくなるため、セカンダリの秘文 Serverを立て冗長化することを推奨しています。

サーバを必要としないスタンドアロン構成例

管理者はインストール媒体を作成します。インストーラに含まれる情報はデバイス制御ポリシー、ネットワーク制御ポリシー、エリア検知によるスクリーンロックなどです。クライアントPCに展開(設定変更は上書きインストール)します。ユーザPCではデバイス制御、ネットワーク制御、スクリーンロックが制御されます。秘文 Serverは不要の構成です。

サーバを必要としないスタンドアロン運用が実施できます。
サーバライセンスやハードウェアが不要なため、導入費用を抑えることができます。
秘文 Serverを利用しない構成では、ログ取得などの秘文Serverが前提となる機能はご利用いただけません。

システム構成や詳細情報に関しては気軽にお問い合わせ願います。
小規模導入から導入後の秘文環境規模の拡大など将来を見据えた設計などのご相談も受け付けております。

動作環境

秘文 Device Control(12-00)

OS 次のどれかのOS(日本語版/英語版)がインストールされていることが前提です。*1
Windows 8(無印)
Windows 8 Pro
Windows 8 Enterprise
Windows 8.1(無印)(Updateなし、またはUpdate)*2
Windows 8.1 Pro (Updateなし、またはUpdate)*2
Windows 8.1 Enterprise (Updateなし、またはUpdate)*2
Windows 10 Pro*2 *3
Windows 10 Pro for Workstations (バージョン1903)*2
Windows 10 Enterprise*2 *3
Windows 10 IoT Enterprise (Enterprise 2019 LTSC)*2
CPU Windows 8、Windows 8.1、またはWindows 10 の場合:各OSで規定されているシステム要件に準じます。
メモリ Windows 8(32ビット版)、またはWindows 8.1(32ビット版)、またはWindows 10(32ビット版)の場合:
1Gバイト以上[推奨2Gバイト以上]
Windows 8(64ビット版)、またはWindows 8.1(64ビット版)、またはWindows 10(64ビット版)の場合:
2Gバイト以上[推奨4Gバイト以上]
HDD マルウェア追跡用ログ出力機能を利用しない場合:
180Mバイト以上/365Mバイト以上(インストールに必要な空き領域/運用に必要な空き領域)
マルウェア追跡用ログ出力機能を利用する場合:
180Mバイト以上/565Mバイト以上(インストールに必要な空き領域/運用に必要な空き領域)
前提プログラム iKeyによる認証*5を使用する場合
・iKeyドライバ
インターネットに接続できない環境でeTokenによる認証*4を使用する場合
・eTokenに必要なプログラムを手動でインストールする必要があります。eTokenに必要なプログラムの入手方法については、弊社または販売代理店の担当窓口へお問い合わせください。
*1
32ビット版および64ビット版に対応しています。
*2
Windowsイメージファイルブート(WIMBoot機能)を使用してインストールされたOSには対応していません。
*3
秘文でサポートするWindows 10のアップデートについては、下記サポート情報をご確認ください。
*4
iKeyまたはeTokenによる認証を次に示します。
  ・スマートログイン
  ・二段階ログイン
  ・iKeyによるオフラインログイン(eTokenによるオフラインログイン)
*
記載している動作環境は、2019年12月現在のものです。
最新の動作環境はお問い合わせ願います。

価格

以下のライセンスからお選びいただけます。

秘文 Device Controlは、2つのライセンス体系でお客さまに柔軟に対応します。

サブスクリプション版(年間利用ライセンス)。

パッケージ版(買取ライセンス)。

サブスクリプション版(年間利用ライセンス)

商品名 標準価格
(税抜価格)
備考
秘文 Device Control
年間利用ライセンス
5,000円 クライアントPC1台あたりの価格です。
1年ごとに必要となります。
  • 利用ライセンスには、保守サービス費用、秘文 Server 基本ライセンスが含まれます。
  • 仮想マシンのイメージ占有型のVDI環境で利用する場合は、仮想マシンのイメージ数分のライセンスが必要です。
    仮想マシンのイメージ共有型のVDI環境で利用する場合は、利用するユーザ数分のライセンスが必要です。
*
記載している価格は、2019年12月現在のものです。
最新の価格はお問い合わせ願います。

パッケージ版(買取ライセンス)

商品名 標準価格
(税抜価格)
備考
秘文 Device Control 10,000円 クライアントPC1台あたりの価格です。
使用する機能によっては、別途、秘文 Server 基本ライセンスが必要です。
  • 上記費用には保守費用は含まれていません。保守費用は、各商品の標準価格の15%(年額)です。
  • 使用する機能によっては、別途、秘文 Server 基本ライセンスが必要です。
  • 仮想マシンのイメージ占有型のVDI環境で利用する場合は、仮想マシンのイメージ数分のライセンスが必要です。
    仮想マシンのイメージ共有型のVDI環境で利用する場合は、利用するユーザ数分のライセンスが必要です。
*
記載している価格は、2019年12月現在のものです。
秘文 Server 基本ライセンスなど最新の価格はお問い合わせ願います。

秘文 Device Controlの資料請求

秘文 Device Control リーフレット画像

秘文 Device Controlの資料のお問い合わせは下記からお願いします。

お問い合わせ

秘文 Device Control 関連情報

詳細情報は、下記のサイトでも確認頂けます。

秘文シリーズ

複雑な時代にシンプルな解決策を。出さない、見せない、放さない。情報漏洩防止ソフトウェア、秘文シリーズ。

秘文
秘文とは目的に該当する商品を選ぶだけで多くの商品を組み合わせることなく、目的の情報リスクに対応し働き方改革を支援するソフトウェアです。秘文の概要を紹介しています。
秘文 Data Encryption
PCや記録メディア、ファイルサーバのデータを暗号化。第三者に情報の中身を見せません。
秘文 Data Protection
ファイルの失効(閲覧停止)で、相手先に渡した情報の不正利用や流出・拡散を防止します。
秘文 Endpoint Protection Service
情報漏洩対策やマルウェア対策などのセキュリティ対策機能をクラウドサービスで提供し、一人情シスでも手軽かつ低コストに導入・運用が可能です。

秘文 Device Controlに関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら