ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

Select Country/RegionJapan

秘文 Data Encryptionの機能

機密データを社外に見せない!情報漏洩セキュリティソフトウェア

暗号化技術でさまざまな情報漏洩のリスクから機密データを守ります。

秘文 Data Encryptionは、機密情報をその保存場所を問わずに暗号化し、第三者に情報の中身を見せません。機密データやOS管理領域がマルウェアなど不正なプログラムに窃取や破壊されることを防止します。

暗号化

  概要
ハードディスクの暗号化 内蔵ハードディスクをドライブごとに暗号化する機能です。
利用者に意識させることなく暗号化や復号を行います。
組織内暗号持ち出し(秘文フォーマット) ハードディスク(外付け)、リムーバブルメディアを暗号化する機能です。
同一組織内の暗号化データ受け渡し時に、本機能で暗号化したメディアを利用します。
組織外暗号持ち出し パスワード入力により復号可能な形式でファイルを暗号化し、外付けハードディスクやリムーバブルメディアにファイルを持ち出す機能です。持ち出す際に強制的に暗号化され、主に、組織外の取引先へデータを持ち出す際に使用します。
秘文機密ファイル パスワード入力により復号可能な形式でファイルごとに暗号化する機能です。
メールの添付ファイルを暗号化する場合などに利用します。
共有フォルダの暗号化 ファイルサーバ上のファイルを、共有フォルダ単位で暗号化する機能です。

認証強化

  概要
拡張認証 Windowsログオン時にWindowsのユーザ名/パスワードに加え、独自のパスワード入力を強制することで、認証を強化する機能です。

ファイル保護

  概要
ファイルアクセス制御 会社が許可したプログラムからの機密ファイルへのアクセスを許可し、禁止プログラムからの機密ファイルへのアクセスを禁止する機能です。
ネットワーク通信制御 会社が許可したプログラムが禁止プログラムに乗っ取られた場合に備え、許可プログラムであっても一定の条件に該当した場合はネットワーク通信を禁止する機能です。
ファイル保護(マルウェア対策) 会社が許可したプログラムからのみ機密データやOS管理領域にアクセスを許可する機能です。
秘文で暗号化されている機密データの他、暗号化されていない機密データ、OS管理領域へのアクセスも禁止することができます。

秘文 Server導入で操作ログ取得が可能

秘文 Serverを導入することで、秘文 Data Encryptionの以下の操作のログを取得できます。

  • 秘文持ち出し(閲覧専用持ち出しは、秘文 Data Protectionとしてログを取得します)
  • 秘文機密ファイルの作成
  • 暗号化対象ファイルへのアクセス
  • ファイル保護機能

秘文 Data Encryptionに関するお問い合わせはこちらから。

セキュリティ対策商品との連携

  概要
メールの暗号化 Fortinet FortiGateシリーズの秘文連携機能により秘文 Data Encryptionで暗号化されたファイル(復号型機密ファイル)を識別し、暗号化された添付ファイルのメール送信を許可する機能です。暗号化されていないファイルを添付したメール送信は遮断することが可能です。

FortiGateシリーズと秘文 Data Encryptionの連携

UTMアプライアンス Fortinet FortiGateシリーズの秘文連携機能により秘文 Data Encryptionで暗号化されたファイル(復号型機密ファイル)を識別し、暗号化された添付ファイルのメール送信を許可します。暗号化されていないファイルを添付したメール送信は遮断することが可能です。
また、暗号化されていないファイルは送信できなくなるため、添付ファイルの暗号化というメールの運用ルールが徹底でき、内部統制を強化することができます。

*
Fortinet、FortiGate はFortinet, Inc. の登録商標です。

秘文の連携ソリューションに関しては、下記のサイトでも確認頂けます。

秘文 Data Encryptionに関するお問い合わせはこちらから。

秘文 Data Encryptionの資料請求

秘文 Data Encryption リーフレット画像

秘文 Data Encryptionの資料のお問い合わせは下記からお願いします。

お問い合わせ

秘文 Data Encryption 関連情報

詳細情報は、下記のサイトでも確認頂けます。

秘文シリーズ

複雑な時代にシンプルな解決策を。出さない、見せない、放さない。情報漏洩防止ソフトウェア、秘文シリーズ。

秘文
秘文とは目的に該当する商品を選ぶだけで多くの商品を組み合わせることなく、目的の情報リスクに対応し働き方改革を支援するソフトウェアです。秘文の概要を紹介しています。
秘文 Device Control
スマートフォンやUSBメモリなどのデバイスの利用をコントロール。機密情報が社外に出ることを防ぎます。
秘文 Data Protection
ファイルの失効(閲覧停止)で、相手先に渡した情報の不正利用や流出・拡散を防止します。
秘文 Endpoint Protection Service
情報漏洩対策やマルウェア対策などのセキュリティ対策機能をクラウドサービスで提供し、一人情シスでも手軽かつ低コストに導入・運用が可能です。

秘文 Data Encryptionに関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら