ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

秘文 Data Encryptionの特長

機密データを社外に見せない!情報漏洩セキュリティソフトウェア

暗号化技術でさまざまな情報漏洩のリスクから機密データを守ります。

秘文 Data Encryptionは、機密情報をその保存場所を問わずに暗号化し、第三者に情報の中身を見せません。機密データやOS管理領域がマルウェアなど不正なプログラムに窃取や破壊されることを防止します。

選ばれる理由

機密データの第三者漏洩を防止するデータを「見せない」ための機能で、秘文による解決策をご提供します。

ポイント1.暗号化の強制。ポイント2.マルウェア対策。ポイント3.認証強化。

暗号化の強化

メディアやファイルの暗号化に加え、データをドライブ単位で暗号化し正規のユーザのみ暗号化/復号を意識せず普段通りPCを利用できる機能です。

リスク。紛失、盗難にあったPCやメディアから第三者への情報漏洩。

ワークスタイル改革の促進に伴い、PCやUSBメモリなどのメディアを社外へ持ち運ぶことが多い中、移動中あるいは外出先で盗難・紛失に遭い、中身を第三者に読まれる可能性があります。

  • メディアの盗難・紛失
  • 人為的うっかりミス など

暗号化の強制でPCやメディアの暗号化を自動・強制化し、第三者に情報を見せない。

データの暗号化により、PCやメディアの第三者の手に渡っても中身を見せなくすることで、盗難・紛失からの情報漏洩を防ぎます。第三者の不正利用による漏洩リスクの低減をはかります。

秘文 Data Encryptionに関するお問い合わせはこちらから。

さらなるマルウェア対策

ランサムウェアなどのマルウェアから機密ファイルへのアクセスを禁止する機能です。

リスク。マルウェア検知システムはすべてのマルウェアを検知できない。

マルウェア検知システムを社内に導入していても、100%検知できるシステムはありません。
万が一マルウェアに感染した場合、情報漏洩につながる可能性があります。

さらなるマルウェア対策で解決。機密ファイルを禁止プログラムに見せない。

禁止プログラムから機密ファイルを保護します。
万が一、マルウェアに感染しても、機密ファイルをマルウェアに見せないため、情報漏洩のリスクを低減します。

認証強化

暗号化ファイルの自動暗号化/復号に必要なユーザ認証を強化し、PCが盗難・紛失に遭った場合の情報漏洩リスクを低減する機能です。

リスク。単純な暗号化だけではWindows認証がかんたんに解除されてしまう。

Windowsログオン時にWindowsユーザ名・パスワードに加えて、独自のパスワード入力を強制することで、認証を強化します。

独自認証で認証強化により解決。暗号化ファイルの自動復号/暗号化に必要なユーザ認証を更に強化。

暗号化ファイルの自動復号/暗号化に必要なユーザ認証を更に強化し、PCが盗難・紛失に遭った場合のWindowsユーザ情報が知られても、秘文パスワードが知られなければ認証不可となります。
外付けHDDからアクセスしても、ファイル内容の参照不可となり、情報漏洩リスクのさらなる低減が可能です。

秘文 Data Encryptionに関するお問い合わせはこちらから。

秘文 Data Encryptionの資料請求

秘文 Data Encryption リーフレット画像

秘文 Data Encryptionの資料のお問い合わせは下記からお願いします。

お問い合わせ

秘文 Data Encryption 関連情報

詳細情報は、下記のサイトでも確認頂けます。

秘文シリーズ

複雑な時代にシンプルな解決策を。出さない、見せない、放さない。情報漏洩防止ソフトウェア、秘文シリーズ。

秘文
秘文とは目的に該当する商品を選ぶだけで多くの商品を組み合わせることなく、目的の情報リスクに対応し働き方改革を支援するソフトウェアです。秘文の概要を紹介しています。
秘文 Device Control
スマートフォンやUSBメモリなどのデバイスの利用をコントロール。機密情報が社外に出ることを防ぎます。
秘文 Data Protection
ファイルの失効(閲覧停止)で、相手先に渡した情報の不正利用や流出・拡散を防止します。
秘文 Endpoint Protection Service
情報漏洩対策やマルウェア対策などのセキュリティ対策機能をクラウドサービスで提供し、一人情シスでも手軽かつ低コストに導入・運用が可能です。

秘文 Data Encryptionに関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら