ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

文書管理システム 「活文 Contents Lifecycle Manager」の関連商品

アクセス制御で必要な範囲で情報共有を行える高機能なファイリングシステム

文書管理で業務効率向上をサポート!

文書管理システム 「活文 Contents Lifecycle Manager」は、さまざまな文書をサーバ上で一元管理し、ネットワーク経由での情報共有を実現し、ライフサイクル管理、業務効率向上を図ります。

文書管理システム 「活文 Contents Lifecycle Manager」の関連商品

ワークフロー連携ソリューション

Hi-PerBT ワークフローなどと連携して利用することで、ユーザの利便性を向上できます。 承認完了した決裁書、申請書、報告書などの電子帳票を自動登録、保管しエビデンス管理としての活用が行えます。


Hi-PerBT ワークフロー+活文 Contents Lifecycle Manager 連携

文書管理システム 「活文 Contents Lifecycle Manager」 資料請求

文書管理システム 「活文 Contents Lifecycle Manager」 カタログイメージ

文書管理システム 「活文 Contents Lifecycle Manager」のカタログなど資料のお問い合わせは下記からお願いします。

資料請求・お問い合わせ

文書管理システム 「活文 Contents Lifecycle Manager」 関連情報

詳細情報は、下記のサイトでも確認頂けます。

ビジネスデータ活用ソリューション 活文シリーズ

ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」
企業内に増え続けるコンテンツの属性情報の収集や可視化ができます。
ファイルサーバのリプレースやクラウド移行前に不要なファイルを整理する事により効果的な移行が行えます。
データ自動抽出基盤 「活文 Intelligent Data Extractor」
紙書類などスキャンニングデータ(OCR処理含む)を取り込み、仕分けまで行います。AIによるテキスト分析・データ抽出を実施し、作業負荷を減少します。また、作業員は抽出結果をチェックするだけで、正しい抽出結果をAIが自動学習するため作業効率向上もはかれます。

文書管理システム 「活文 Contents Lifecycle Manager」に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら