ページの本文へ

Hitachi
お問い合わせお問い合わせ

決済をスピードアップ
業務の流れも明確に
Webで稟議・届出・業務帳票の回覧まで運用
ハンコ文化の見直しに貢献
現場発想ワークフローシステム Hi-PerBT ワークフロー

紙やメールでの回覧をやめませんか?

  • 申請書がどこにあるか埋もれてわからないので簡単に検索したい
  • 申請書の進捗状況の確認や申請履歴を検索したい
  • 入力内容の自動チェックを行いたい
  • テレワーク推進に向けて、ハンコ文化の見直し・改善をしたい

Hi-PerBT ワークフローが選ばれる理由

Hi-PerBT ワークフローは、決裁をスピードアップし、業務の流れを明確にする現場発想型のワークフローシステムです。お客さまの要望するシーンに合わせて導入パターンも選べます。(オンプレミスまたはクラウド)
Web上で、稟議・届出・業務帳票の回覧まで運用でき、携帯端末(スマートデバイス)にも対応しています。業務の流れを明確化し、改ざん・紛失防止などセキュリティを強化しつつ業務・意思決定のスピードアップがはかれます。

  • 01

    申請・承認業務の効率化

    • 規定ルート設定で迅速な回覧ができます。
    • 申請書の承認状態も簡単に確認でき、以前申請した帳票の再利用申請で起票の効率化がはかれます。
  • 02

    申請書の進度状況や履歴を簡単検索

    • 帳票分類、申請期間、申請者などの詳細な検索条件で簡単に検索できます。
    • 各種申請書の状況を簡単に把握でき、申請書が滞留している部署や担当者を確認できます。
  • 03

    改ざん・紛失防止、機密保護、コンプライアンス・内部統制対応

    • 設定項目はリストなどから選択可能で、申請時の必須入力項目設定もできます。
    • 承認完了後の終了データの変更不可、参照者の権限設定など内部統制にも対応しています。
  • 04

    テレワーク環境での各種書類申請・承認を実現

    • 書類や報告書類の申請・承認にPCやスマートフォン・タブレットが利用できます。
    • クラウド型サービスの利用は、在宅勤務などのテレワークにも最適です。

Hi-PerBT ワークフローの概要

Hi-PerBT ワークフローの簡単検索で申請者は以前の申請のコピーもでき、起票が簡単になります。入力チェック機能で上長承認時は記入ミスが削減され、チェック作業の効率化がはかれます。履歴検索で業務担当者はフォローが簡単になり、たまっている決裁も一覧でわかるため、出張先でも承認ができ利便性が向上します。画面操作も簡単です。

Hi-PerBT ワークフロー処理イメージ図。
*
社外からのHi-PerBT ワークフローにアクセスするためには、インターネットからHi-PerBT ワークフローサーバーに接続できるネットワーク環境が必要です。

Information

Hi-PerBT ワークフローのオンライン試供環境は無料でご利用頂けます。 申し込みはこちら>
  • ・ご希望の方はお問い合わせ内容欄に『ワークフローお試し希望』と明記願います。
  • ・お申込み受付後、弊社よりご連絡させて頂き、貸し出し確認を実施させて頂きました上で試供版アドレス等のご連絡を差し上げます。
  • ・貸し出し確認の結果、ご提供ができない場合があります。
  • ・貸し出し期間は1ヶ月間です。期間延長をご希望の場合は別途ご連絡ください。
  • ・試供環境は、同時接続ユーザー数に上限を設けさせて頂きます。