ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」は、企業内に増え続けるコンテンツ(ファイル)の管理・利用の課題を解決するため、ファイルサーバ内に何があるか調べ上げ(属性情報収集)、その情報を提供(可視化と検索)し、企業内コンテンツの効率的な管理・活用を支援します。

*
活文は、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。

このような課題でお悩みではありませんか?

お客さまのお悩み解決を支援いたします

活文 File Server Optimizerは、増え続けるコンテンツを整理して効果的な活用を促すとともに、ファイルサーバに滞留している不要コンテンツの候補を示して利用の適正化を促すなど、新たな企業内コンテンツの運用環境をご提供します。
「見える化」「スリム化」「活性化」の3つのステップで無理なく最適化します。

活文 File Server Optimizer で解決!

見える化

ファイルサーバの可視化・分析を行い、利用状況を把握できます。容量推移や古いファイル、大容量ファイルなどグラフ表示で簡単にわかりやすい管理ができます。

スリム化

ファイルサーバの不要なファイルをリストアップすることで、削除ファイルが絞り込まれ効率的なスリム化が実現できます。

活性化

必要なファイルを見つけやすいように仮想的なフォルダで自動分離することで、利用者は必要なファイルをすぐに見つけることができます。

活文 File Server Optimizerの活用により、ファイルサーバの不要コンテンツを整理することでバックアップ時間の短縮にもつながります。

ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」の概要

企業の内部情報は年間30%増加傾向で就業時間の3割が検索作業に費やされています。

活文 File Server Optimizerは、膨らみ続けるファイルサーバを「見える化」「スリム化」「活性化」の3つのステップで無理なく最適化。
ファイルサーバの整理整頓を支援し、管理しやすいファイルサーバを実現します。


運用イメージ

関連情報

詳細情報は、下記のサイトでも確認頂けます。

ビジネスデータ活用ソリューション 活文シリーズ

文書管理システム 「活文 Contents Lifecycle Manager」
文書の作成(更新)、閲覧履歴(検索)、廃棄、保管など、ライフサイクル全般を管理でき、効率よい社内文書共有を可能にします。
データ自動抽出基盤 「活文 Intelligent Data Extractor」
紙書類などスキャンニングデータ(OCR処理含む)を取り込み、仕分けまで行います。AIによるテキスト分析・データ抽出を実施し、作業負荷を減少します。また、作業員は抽出結果をチェックするだけで、正しい抽出結果をAIが自動学習するため作業効率向上もはかれます。

ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら