ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimize」の特長

サーバ内の調査(属性情報収集)、提供(可視化と検索)効率的な管理・活用を支援

「見える化」「スリム化」「活性化」の3つのステップで無理なく最適化!

活文 File Server Optimizerは、増え続けるコンテンツを整理して効果的な活用を促すとともに、ファイルサーバに滞留している不要コンテンツの候補を示して利用の適正化を促すなど、新たな企業内コンテンツの運用環境をご提供します。
「見える化」「スリム化」「活性化」の3つのステップで無理なく最適化します。

ファイルサーバの見える化・スリム化

ファイルサーバを圧迫している不要なファイルを効率的に削除することでファイルサーバの無駄な増設を抑止します。

ファイルの属性(*)を元に不要なファイルを活文 File Server Optimizerが自動判別し、ブラウザで表示。統計レポートを配信します。
配信された統計レポートから、不要ファイル候補の一覧を表示しファイルの削除を指示できます。

*
属性情報とは、ファイル名、作成日、更新日、アクセス日、サイズ、保管期間、本文テキストなど

ファイルサーバスリム化運用イメージ


ここが便利!

さまざまな削除ポリシーに従って、不要ファイルの候補を自動判別します。
どこを削除したら効果的か検証できます。

ファイルサーバの活性化

ファイルサーバに埋もれている情報資産の分類・整理による有効活用を促進します。

ファイルの属性や全文テキストに対する検索条件を、仮想フォルダとして定義できます。フォルダをクリックするだけで、検索結果をフォルダに格納して表示します。検索スキルによらず、各人の知っている条件から、目的のファイルにたどり着くことができます。

ファイルサーバ活性化運用イメージ


ここが便利!

よく使われる検索条件が、自動的に分類用フォルダとして生成されます。
組織内の検索トレンドで自動分類・整理するため、利用者はキーワードを知らなくても、欲しいファイルに到達することができます。

関連情報

詳細情報は、下記のサイトでも確認頂けます。

ビジネスデータ活用ソリューション 活文シリーズ

文書管理システム 「活文 Contents Lifecycle Manager」
文書の作成(更新)、閲覧履歴(検索)、廃棄、保管など、ライフサイクル全般を管理でき、効率よい社内文書共有を可能にします。
データ自動抽出基盤 「活文 Intelligent Data Extractor」
紙書類などスキャンニングデータ(OCR処理含む)を取り込み、仕分けまで行います。AIによるテキスト分析・データ抽出を実施し、作業負荷を減少します。また、作業員は抽出結果をチェックするだけで、正しい抽出結果をAIが自動学習するため作業効率向上もはかれます。

ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」に関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら