ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

私ども日立ソリューションズ西日本では、多様化する環境への対応と顧客満足度向上、社員満足度向上、業務効率向上、原価低減をめざし「ビジネスワークスタイル(働き方)改革」への取組みを行っています。

働き方改革への取り組み

方針

  1. 業務の効率化をめざし“ビジネススタイル(仕事の仕方)”改革の推進
  2. 多様化する環境に対応した“ワークスタイル(働き方)”改革の推進

ビジネスワークスタイル(働き方)改革の推進には、“意識改革と率先した行動”が必要と考え、従業員で知恵を出しながら推進しています。

“仕事の仕方改革”と“働き方改革”の推進。ITを活用して業務効率化をめざす“ビジネススタイル”の改革のため、業務効率向上による時間創出と原価低減し、受注/売上/利益の拡大を推進する。ITを活用して多様化する働き方“ワークスタイル”に対応し、テレワーク/サテライトの実現と総労働時間の削減による、従業員満足度の向上を推進する。これらにより「会社の成長」と「ワークライフバランス向上」をめざす。

“仕事の仕方改革”と“働き方改革”の推進。ITを活用して業務効率化をめざす“ビジネススタイル”の改革のため、業務効率向上による時間創出と原価低減し、受注/売上/利益の拡大を推進する。ITを活用して多様化する働き方“ワークスタイル”に対応し、テレワーク/サテライトの実現と総労働時間の削減による、従業員満足度の向上を推進する。これらにより「会社の成長」と「ワークライフバランス向上」をめざす。

ビジネススタイル改革

働き方改革に対応した制度の見直しを実施しています。

  • 在宅勤務制度を拡充した「タイム&ロケーションフリーワーク制度」の導入
  • 働く場所にとらわれず、外部の特定されたレンタル会議室、カラオケルーム、営業車や自宅などでの事務作業や社内ミーティングの実施など、移動時間短縮を図り効率的な営業改革を推進
  • 「ビジネスコラボレーションツール」活用により遠方のお客さま先へSE出張訪問型からリモート参加型での打合せを推進

ワークスタイル改革

生産性やモチベーションの上がる職場作りをめざしています。

  • フリーアドレス化等で創出した空間でコラボレーションエリアを新設
  • コミュニケーションの活性化で意思決定が迅速化
  • 目的に応じた柔軟なワークスタイルが実現
  • 清潔感があり、健康への配慮がある空間
  • スタッフ部門での定型・ルーチン業務の洗い出しとRPA化

平和記念公園の清掃活動の写真

ワークライフバランス

多様な人材が存分に能力を発揮できるよう、働きやすく、風通しの良い職場作りを推進しています。

主な施策

  • タイム&ロケーションフリーワーク制度
  • 毎週水曜日をリフレッシュデーとし定時退勤を推進
  • 毎月第2または最終金曜日をプレミアムデーとし年次有給休暇取得(含む半日取得)、15時退勤を推奨
  • 月1日以上の年次有給休暇取得運動
  • ファミリーサポート休暇(育児・介護休暇、家族看護休暇、配偶者出産休暇、不妊治療休暇、慶弔休暇)
  • リフレッシュ休暇(勤続10年以降5年ごと)