ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

金融系ソリューション

『手形交換システム・手形集中管理システム』

  • 手形現物の期日管理・取立業務および交換業務を含め手形事務処理を総合的にサポートするシステムです。
  • オプション業務として手形現物の期日管理・取立業務および交換業務を含め手形事務処理を総合的にサポートする手形交換システムも用意しています。

『自動振替システム(信金、信組版)』

  • 中小金融機関向けの各企業からの自振データ受付処理から資金決済までを総合的にサポートするシステムです。
  • オプション業務として「学費管理システム」もご用意しています。

『自振事務集中管理システム』

  • 地銀・第二地銀の各企業からの自振媒体について(受付から返却)までの管理を総合的にサポートするシステムです。
  • オプション業務として「送付書FAXエントリシステム 」「学費管理システム」もご用意しています。

『月次決算支援システム』

  • 金融機関の決算業務を総合的にサポートするシステムです。
  • 補正仕訳データの登録および各種報告書作成までの決算業務を細かく対応しています。

『経費支払管理システム』

金融機関の複雑な経費支払に関する処理をシステム化し、事務処理の効率化及び人件費の削減による人員の有効活用を支援する金融機関向け業務改善ソリューションです。定期・定額払いの定型データ簡易作成など、テンプレート活用により類似案件の入力作業が軽減できます。

金融機関向け地図情報システム『Area Power』

顧客情報、外部企業情報、エリア別統計情報を地図上にリンクし、さまざまな形でビジュアル表示するシステムです。地域の特性や顧客の属性を地図上に可視化させて、営業活動の効率化や地域戦略の立案を支援します。

『リレーション可視化』

『リレーション可視化』では、企業間の商流と関係の深さを視覚的に表現した「取引ネットワーク図」を表示することができます。
この「取引ネットワーク図」で、個々の企業の情報だけではなく、関連する企業の情報もあわせて見れることで、企業の特性がより一層あきらかになり、支援対象とする企業の選定や情報提供で、取引先企業の経営を支援することができます。

『事務リスク管理システム』

金融機関を取り巻く環境と制度対応につきましては、オペレーションリスク(オペリスク)関連の制度や規制が、グローバル化と共に当局がより一層の強化の方向と認識しております。『事務リスク管理システム』は、事務リスク管理の堅確化と事務品質向上及び業務プロセスの改善を支援する事務リスク管理ソリューションです。

事務事故管理『監明BA』顧客サポート管理『監明CS』

事務事故管理では、事務事故、事務ミスの発生と顛末を迅速に情報共有、改善に向けた分析を実現します。 顧客サポート管理では、苦情・相談の発生・折衝・解決情報を迅速に情報共有、改善に向けた分析を実現します。

自店検査支援『監明SI(Self Inspection)』

自店検査支援では、主管部での共通検査項目の登録、各部店での個別検査項目の登録、スケジュールの作成、検査結果の登録、主管部でのモニタリングや分析などを実現します。

特定先リスト照合『監明SC』

特定先リスト照合では、新規口座開設や融資取引開始における新規顧客の反社会勢力該当等との照合や、既存顧客における同様の照合を行います。照合においては氏名の正規化やあいまい照合を行い高確度の照合を実現します。

異常取引モニタリング『監明TM』

異常取引モニタリングでは、振り込め詐欺等の外部取引の監視や内部不正につながる不正操作の監視を実現します。
容易なモデル設定や疑わしい取引の報告支援等によりお客様の事務をサポートいたします。

統合監査支援システム『監明AI(Audit Integrate)』

金融庁モニタリングに対応した、リスクベース監査を含む内部監査業務を支援します。リスクアセスメントから、監査計画、監査準備、監査実施、監査評定、監査結果分析までを統合的にサポートしています。弊社事務リスク管理システムとの連携強化を図り、実効的なオフサイトモニタリングを可能にします。

『貸倒実績率計算システム』

償却や引当金総額が信用リスクに見合ったものか検証をするために貸倒実績率や保証債務引当金の把握などをサポートします。自己査定システムなどと連携し蓄積した債権の資産分類額などを利用します。

紙文書管理ソリューション 『Hi-PerBT 現物文書管理システム』(金融業向け)

現物の重要書類をバーコードで集中管理して誤った破棄や廃棄を未然に防止し書類保管を支援します。ICタグを貼り付けて棚卸作業の効率化を図ります。店舗統廃合などの業務にも対応しています。