ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ソリューションズ西日本

オペレーション証跡ソリューション Illegal Viewの動作環境/価格

Windows画面を常時監視し、内部不正を抑止!!

独自の画像圧縮技術により少ないデータ容量で画面操作を録画!

オペレーション証跡ソリューション Illegal View(イリーガルビュー)は、Windows画面を常時監視し、操作内容を録画・記録し監視するセキュリティ製品です。 独自の画像圧縮技術により膨大な記録データを圧縮し、PCやネットワークに負荷を与えずに記録します。

オペレーション証跡ソリューション Illegal Viewの動作環境

サーバの動作環境

OS(*1、*2、*7)
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows 8.1(*3)
  • Windows 7(*3)
CPU Pentium4以上を推奨
メモリ 2Gバイト以上を推奨
ディスク サーバプログラム格納に20Mバイト、保存するデータ量(*4、*5、*6)
CDドライブ サーバプログラムインストールに必要
ディスプレイ 640x480 以上の解像度 256 色以上表示可能

クライアントの動作環境

OS(*1、*2)
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 7
CPU Pentium4以上を推奨
メモリ 1Gバイト以上を推奨
ディスク クライアントプログラム格納に20Mバイト、オフラインモードの設定値(*8)
CDドライブ クライアントプログラムインストールに必要
ディスプレイ 640x480 以上の解像度 256 色以上表示可能

コンソールの動作環境

OS(*1、*2)
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008
  • Windows 8.1(*3)
  • Windows 7(*3)
CPU Pentium4以上を推奨
メモリ 512Mバイト以上を推奨
ディスク コンソールプログラム格納に20Mバイト
CDドライブ コンソールプログラムインストールに必要
ディスプレイ 1,024x768 以上の解像度 256 色以上表示可能
*1
各OSの日本語版/英語版、32ビット/64ビットに対応しています。
*2
物理/仮想環境については、弊社製品が対応するOSが正常に動作することと物理/仮想環境によりOSの情報等書き換えられていないことが前提となります。そのため物理/仮想環境固有に発生した事象については免責といたします。
物理/仮想環境固有に発生した事象についての対応は試みますが、問題の特定・解決・回避、製品の改修などを実現することが不可能な場合もありますのでご了承ください。
*3
サーバ用途OS ではないため、本製品導入後のネットワーク障害は免責といたします。
*4
サーバPCのディスク容量がなくなった場合、クライアントからの転送データは記録しません。
*5
1クライアントあたり1日の最大記録サイズは2Gバイトを上限とし、以降のクライアントからの転送データは記録しません。
*6
ひとつのサーバには最大5,000クライアントを登録することができます。
*7
64ビット系OSへの64ビット版の導入には事前にMicrosoft Accessデータベースエンジン2010再頒布可能コンポーネントの導入が必要です。
*8
オフライン記録中にクライアントPCのディスク容量がなくなった場合、クライアントプログラムは記録を停止します。

オペレーション証跡ソリューション Illegal Viewの価格

Illegal Viewの価格はお問い合わせ願います。

オペレーション証跡ソリューション Illegal Viewの見積もり依頼

見積もり依頼ができます。

オペレーション証跡ソリューション Illegal Viewの関連情報

詳細情報は、下記のサイトでも確認いただけます。

オペレーション証跡ソリューション Illegal Viewに関するお問い合わせ

本件に関する詳細など、お問い合わせ、資料請求は右ボタンよりご連絡ください。

お問い合わせは下記のボタンよりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせはこちら